2022/令和4年
1127日 (

コラム 【地方議員の視点1】若手職員と仲良くなる 2021/11/11 00:00

甲府市議会議員 神山玄太氏

甲府市議会議員 神山玄太

 「また、資料請求か…」「いつも議会では批判ばかりなのに、地域要望の話のときだけ笑顔で来ないでよ」…

 議員とどう付き合っていったらいいか分からない、そう戸惑っている行政職員の方もいらっしゃるのではないでしょうか。言うまでもなく、議員は皆さんの上司ではありません。地方自治法も別組織として規定しており、指示命令系統にはありません。議会では厳しい顔をしているくせに、お願い事があるときばかり執務室に来て、上司とだけ話をして去っていく。そうしたら上司から議員に頼まれた指示が来る。そんな経験ありませんか。

 申し遅れました。このたび、連載を書くことになった甲府市議会議員の神山玄太です。2011年4月に甲府市議に28歳で初当選。15年に甲府市長選挙に挑戦するも次点で惜敗。直後の市議選で市議に返り咲き、現在3期目です。

 冒頭の戸惑いですが、実は私も初当選直後、逆に「職員の方々とどのように付き合っていけばいいんだろう」と思うことがありました。

◇ひよっ子にプレッシャー

 甲府市議の最年少当選記録を更新して初当選しましたが、行政経験もなく、いきなり議会の場に参画しました。初当選したばかりのひよっ子も当選回数2桁のベテランも法律上は区別されず、同じ「議員」として扱われます。初当選だからといって議会日程は待ってくれません。4月に当選したばかりなのに、すぐに臨時会があり、その後、あっという間に6月定例会がやってきます。

 当選後に開かれる臨時会は、議長や副議長の選挙や常任委員会の所属決め、議会内人事のために開かれます。しかし、地方自治法は特別な場合を除いて地方公共団体の長にしか議会を招集する権限を与えておらず、市長が議会を開くためには、議会に提案する議案が必要となります。つまり、議員になって1カ月もしないうちに「議決する」という大きな仕事をしなくてはならないのです。

 議員になったばかりで、議案の読み方も手探りです。議会運営も初経験なのに、いきなり議決しなければならないなんて、ものすごくドキドキしました。市民に選んでいただいたのだから、どんな事に対しても真剣に向き合いたいと思っていたので、初めての議会に超絶プレッシャーを感じました。「分からないことは聞くしかない!」と、議会事務局や議案の担当部署に行き、いろいろ教えてもらいながら臨時会を乗り切りました。

 続く6月定例会では、本会議で初めての一般質問もやらせてもらうことになり、議案調査だけでなく、質問作りもしなくてはなりませんでした。私は無所属議員だったので、付きっきりで手取り足取り教えてくれる先輩議員もいません。しかし「分からないことは、聞く!」の精神で、職員の方々と意見交換しながら、何とか初めての市政一般質問もクリアしました。

◇お客さん扱いに違和感

 ただ、初めての臨時会や定例会を経験する中で、ちょっとした違和感を持ちました。

 私が初当選した28歳という年齢は、行政職員であれば、まだ人事異動を1~2回経験したくらいで、職務の級も始まったばかりの主事クラスです。一方で、私が担当課に話を聞きに行くと、議員というだけで管理職しか対応してくれません。自分の親くらいの年齢の管理職から、丁寧な言葉遣いで、まるでお客さん扱いされるばかりでした。

 「これが当たり前になってしまったら、感覚が駄目になる」と、当時は強く思いました。「どうにかしなくちゃ。議員だからといって気を使う職員ではなくて、人として付き合ってくれて、遠慮なく話をしてくれる若い行政職員の仲間が欲しい」と強く思いました。

 この時期でも唯一、若い職員が相手になってくれる部署がありました。それは選挙管理委員会事務局です。なぜここだけ若い職員が出てきてくれるのだろうと思いましたが、考えるまでもなく、すぐに答えは分かりました。選管事務局にとってみれば、私たち議員が直接の仕事の対象だからです。私は選挙後の収支報告で選管事務局に出向いていましたが、議員が来たからといってわざわざ管理職が接してくることはなく、あくまでも仕事として若い職員が応対してくれました。

 このチャンスを逃してはいけないと思い、選挙の収支報告が終わる頃に「今度、飲みに行きませんか?」と誘ってみました。まるで女性への口説き文句ですが、相手は男性職員です。この申し出も、最初は社交辞令と思われたようですが、他の若い職員も誘ってもらい、居酒屋で割り勘でひとまず一席設けることができました。これを契機に若手職員と交流し、人間関係を構いています。管理職と違って私をチヤホヤしても意味がないので、ありがたいことに、同年代の若手職員との交流は私に「勘違い」させない大切な場となっています。

 初当選してすぐに感じた違和感ですが、私はこのようにそれを解消しました。もし議員に対してあまりいい印象を持っていないのであれば、一度、職員の方々から思い切って誘ってみてはどうでしょうか。モヤモヤした思いがなくなって、もっと仕事がしやすい関係になるかもしれませんよ。(了)

◇神山玄太(かみやま・げんた)氏のプロフィル
1982年甲府市生まれ。金沢大学法学部を卒業し、早稲田大学大学院公共経営研究科を修了。日本インターネット新聞社で記者として勤務後、甲府に戻る。2010年、国会議員政策担当秘書資格試験に合格。11年に甲府市議に初当選。12年に早稲田大学パブリックサービス研究所招聘研究員に就任。第6回マニフェスト大賞でグッド・マニフェスト優秀賞を受ける。15年の甲府市長選挙では次点で落選。甲府市議に2期目の当選後、17年9月から1年間「関東若手市議会議員の会」会長。19年4月から3期目の甲府市議。山梨英和大学で非常勤講師を務めた経験も。

【地方議員の視点】

同一カテゴリー記事

  • 【地方議員の視点10】華やかで意義のある場 2022/11/22 11:00

     議会と言えば、議員が演台で発言するイメージを持つ方も多いと思います。地方議会はそれぞれでルールが異なりますが、議員はさまざまな機会に演台で発言しており、甲府市議会では、議員提出議案の説明や議案に対する討論、委員長報告などの際に登壇します。そして、議員が一番多く演台に立つのは、市政一般質問の時です。甲府市議会議員 神山玄太

  • 【いま公務の現場では10】公務員と政治の関係 2022/11/09 11:00

     この連載も10回目を迎えましたので、取りあえず一区切りにしようと思います。今回は、公務員と政治の関係がテーマです。…霞が関で実際に働いている立場から、思うところを記したいと思います。人事院事務総局企画法制課長 植村隆生

  • 【公務員の段取り力11】見せよう、そして語ろう 2022/10/28 11:00

     あなたはプロとして、自分の仕事を周囲にオープンにしていますか? 成果だけではなく途中経過も、仲間や上司、そして住民に随時報告し、あなたの仕事を「見せる」ことは重要です。静岡県藤枝市人財育成センター長 山梨秀樹

  • 【地方議員の視点9】普段は何やってるの? 2022/10/17 11:00

     「議員って、普段は何をしているの?」「私服だけど、きょうは休みなの?」「年内はいつまで仕事なの?」…。これらの言葉は、議員になって市民の皆さんから聞かれることが多い質問ベストスリーです。甲府市議会議員 神山玄太

  • 【ナッジ入門編10】実践7:バイアスを考える 2022/10/04 17:00

     行政現場でナッジを活用したケースを、各地の自治体のリレー方式で紹介しています。今回は、岡山県真庭市の環境関連の試みです。…真庭市は職員有志でナッジを学び、情報交換をしています。今回は、環境課で取り組んだナッジの事例を紹介します。真庭市産業観光部農業振興課 藤田浩史

  • 【地域のよさを伝える10】営業マインドを持って 2022/09/22 11:00

     本連載は10回目を迎えました。ここで一区切りにしたいと思います。次回から、シティプロモーション自治体等連絡協議会が実施した「全国シティプロモーション実態調査」を紹介します。…今回は記念すべき10回目なので、基本的な注意点に言及します。関東学院大学法学部准教授・社会構想大学院大学特任教授
    牧瀬 稔

  • 【いま公務の現場では9】人事院の報告の背景 2022/09/12 11:00

     国の内外を問わず社会が急速に変化し、行政が抱える課題は複雑化・高度化しています。その中で、政府が国民に質の高い行政サービスを提供するためには、公務組織が国民本位の能率的で活力のあるサステナブル(持続可能)な組織であり続けなければなりません。人事院事務総局企画法制課長 植村隆生

  • 【地方議員の視点8】価値観変えた名山指定 2022/09/01 11:00

     住民の価値観を変えることも、議会の役割の一つでしょう。議会で課題として取り上げ、議論を重ねる中でそれに対する新たな見方や捉え方を住民に提示し、新たな価値として受け止めてもらえば、生活を豊かにしていくきっかけになると考えます。甲府市議会議員 神山玄太

  • 【地域のよさを伝える9】セグメント化の意識を 2022/08/19 11:00

     実は、地方自治体のシティプロモーションの大半は「可もない不可もないプロモーション」です。担当者は「今は成果が出ていないが、あと数年頑張れば出るだろう」という思いで取り組みを続けます。これが「可もない不可もないプロモーション」です。…今回はシティプロモーションの重要な概念(用語)である「セグメント化」(セグメンテーション)を紹介します。 関東学院大学法学部准教授・社会構想大学院大学特任教授
    牧瀬 稔

  • 【公務員の段取り力10】笑いとハキハキの勧め 2022/08/08 00:00

     厳しい仕事の中でも賢い職場の過ごし方があります。できるだけ声を上げて笑う癖をつけることです。たかが「笑い」と侮ることなかれ。笑いはあなたと職場の雰囲気を変える万能薬で、良い結果や成果を生む源になります。つらくても思い詰めない、明るい前向きな指向、その「気」を持つことが、あなたとあなたの職場を変えます。笑い声は誰が発していても、そこで働く人々の救世主になるのです。静岡県藤枝市人財育成センター長 山梨秀樹