2022/令和4年
1127日 (

コラム 【公務員の段取り力3】事業立案の段取りと心構え 2021/11/29 19:00

藤枝市人財育成センター長 山梨秀樹氏

静岡県藤枝市人財育成センター長 山梨秀樹

◇段取り力で、仕事を明るく

すべての仕事は段取り次第。これが良ければ、仲間も関係者も安心して付いて来ます。上司から適時にアドバイスも得られ、関わる班員、スタッフの一体感も増します。段取りで職場の空気も明るく、前向きに変えていくことができるのです。前回お話しした基本点を基に、段取りの進め方や注意点などを述べましょう。

◇施策・事業を立案する際の留意点は?

あなたが新規事業の企画を立てて段取りを進める際の留意点、ポイントとは何でしょうか?  仕事の進め方に滞りや手戻りがないためのヒントやコツとしては、次のことが挙げられます。

●初めは必ず、自分一人で考える。それからチーム(係、班)で考える。

●企画立案のヒントは、日常の暮らしのごく身近な所にある。

●当たり前と思っていても、まだやっていないことがある(それこそが新しい施策になる!)。

●初めは自分の好み、好き嫌いで企画していい(その方が楽しくて思考も広がる!)。ただし、具体的にできることを考える(「企画」と「夢想」とは違う!)。

●考えに詰まったらいったん立ち止まり、冷静に情報を集める。データ集めに奔走はせず、公平に、慎重に選ぶ(データは仕事をしない!自分に都合のいい材料だけを集めない)。

●他県・他市町村の施策状況を、一通りは把握する(類似の事業は参考になる)。

●枝葉末節はさっさと捨てる(情報に基づく細かな場合分けや分析より、自分が本当は何をしたいのかを中軸に置いて考える)。

●具体的に何をすることで(事業メニュー)、どうなるか(成果と社会的な効果)を自分で予測し、できるだけ視覚的にイメージする。

●当面の目標として、最低または最初の到達点を決めておく(60点で構わない)。

●事業のネーミングは簡潔に分かりやすく!(漢字と外来語は要注意。行政用語は厳禁。キャッチコピー、キャッチフレーズは必ず添える)。

●外部委託、コンサルタントの活用は慎重に(立案からの丸投げはダメ。依頼する場合も、その範囲は相手方と十分に協議して決める)。

これらのポイントを押さえ、施策・事業の成果の全体像を、できるだけ具体的に自分でイメージした上で、骨組みの立案と実施する中身を紡ぎ上げていきます。

◇長く抱え込まず、自分から動く

自分のコンセプトと事業素案がおおよそ整理できたら、一人で抱え込まずに、まず動き出すことです。段取りとは、黙って座って考えるのではなく、誰かと語り、動きながら組んでいくもの。仕事の流れをつくるのは、あなた自身の行動からです。一人で資料づくりに長々時間を費やし、仕事をしているような気になっていませんか? 先輩、上司への相談は、早いほうがいいでしょう。それで周囲も上司も同調し、連動するようになれば、早く助言がもらえて次の展開が見えてきます。事業のさらに具体的なイメージが浮かび、メニューと成果目標がはっきりしてきます。「働」という字は和製漢字ですが、まさに「人」が「動」くと書きます。まず動け、それが働くということだと思います。

よく聞くのは、施策の公平・公正さや地域的なバランス、対象者の年齢階層など、さまざまな意味で均衡の取れた施策を模索し、事業化する積み上げの作業に時間がかかるという話です。それが役所の基本の段取りだと思っている職員が多いのです。しかし、地方行政の要(かなめ)は、試行であり実践です。行政は、とりあえず具体的にやってみる方が、ずっと価値が大きいのです。論より実践 ! です。まずやってみるのも段取りだという職業感覚が大事でしょう。

例えば、地域を指定したモデル事業の実施です。新規事業の効果を確かめるため、事業の中身を試行の形でまず公表し、関心を持った地域、地区に手を挙げてもらい、その中から指名して実践します。これなら大きな予算はかかりません。うまく稼働しなかったり住民の評判がいま一つだったりしたら、その原因・理由を地域や関係者から聴き出して、改良または廃止を検討します。もし地区で一定の成果や良い評価が出たなら、対象地区を拡大して実施します。

都道府県事業なら、市町村の関心や意欲の度合いなどを見て、やる気のある市町村をモデル地域に指定します。市町村事業なら、地域の結束が固く、協力してくれる住民が多い地区で、自治会、町内会などと話し合い、優先的に試行します。これが、スピードと勢いのある施策の段取りです。地域内のどこでも同じような事業がなされ、エリア・バランスが税の公平な還元の基本だと考える時代は、とっくに終わりました。住民の方々としても、常に行政に関心を寄せ、自ら行政に関わり、役所から情報を得ながら地域の振興、福利を模索する時代になっていると思います。

次回はさらに具体的な事業例を見ながら、仕事の段取りのコツやポイントについて述べていきましょう。(了)

◇山梨秀樹(やまなし・ひでき)氏のプロフィル
1983年静岡県庁に入り、旧総理府(現内閣府)地方分権推進委員会事務局、静岡県総務部合併支援室、藤枝市行財政改革担当理事、同市副市長、静岡県理事(地方分権・大都市制度担当)などを経て、19年4月から藤枝市理事。同年6月に人財育成センター長に就任した。同県内を中心に、公務員の「言葉力」をテーマにした研修・講演の講師を務めている。

【公務員の段取り力】

同一カテゴリー記事

  • 【地方議員の視点10】華やかで意義のある場 2022/11/22 11:00

     議会と言えば、議員が演台で発言するイメージを持つ方も多いと思います。地方議会はそれぞれでルールが異なりますが、議員はさまざまな機会に演台で発言しており、甲府市議会では、議員提出議案の説明や議案に対する討論、委員長報告などの際に登壇します。そして、議員が一番多く演台に立つのは、市政一般質問の時です。甲府市議会議員 神山玄太

  • 【いま公務の現場では10】公務員と政治の関係 2022/11/09 11:00

     この連載も10回目を迎えましたので、取りあえず一区切りにしようと思います。今回は、公務員と政治の関係がテーマです。…霞が関で実際に働いている立場から、思うところを記したいと思います。人事院事務総局企画法制課長 植村隆生

  • 【公務員の段取り力11】見せよう、そして語ろう 2022/10/28 11:00

     あなたはプロとして、自分の仕事を周囲にオープンにしていますか? 成果だけではなく途中経過も、仲間や上司、そして住民に随時報告し、あなたの仕事を「見せる」ことは重要です。静岡県藤枝市人財育成センター長 山梨秀樹

  • 【地方議員の視点9】普段は何やってるの? 2022/10/17 11:00

     「議員って、普段は何をしているの?」「私服だけど、きょうは休みなの?」「年内はいつまで仕事なの?」…。これらの言葉は、議員になって市民の皆さんから聞かれることが多い質問ベストスリーです。甲府市議会議員 神山玄太

  • 【ナッジ入門編10】実践7:バイアスを考える 2022/10/04 17:00

     行政現場でナッジを活用したケースを、各地の自治体のリレー方式で紹介しています。今回は、岡山県真庭市の環境関連の試みです。…真庭市は職員有志でナッジを学び、情報交換をしています。今回は、環境課で取り組んだナッジの事例を紹介します。真庭市産業観光部農業振興課 藤田浩史

  • 【地域のよさを伝える10】営業マインドを持って 2022/09/22 11:00

     本連載は10回目を迎えました。ここで一区切りにしたいと思います。次回から、シティプロモーション自治体等連絡協議会が実施した「全国シティプロモーション実態調査」を紹介します。…今回は記念すべき10回目なので、基本的な注意点に言及します。関東学院大学法学部准教授・社会構想大学院大学特任教授
    牧瀬 稔

  • 【いま公務の現場では9】人事院の報告の背景 2022/09/12 11:00

     国の内外を問わず社会が急速に変化し、行政が抱える課題は複雑化・高度化しています。その中で、政府が国民に質の高い行政サービスを提供するためには、公務組織が国民本位の能率的で活力のあるサステナブル(持続可能)な組織であり続けなければなりません。人事院事務総局企画法制課長 植村隆生

  • 【地方議員の視点8】価値観変えた名山指定 2022/09/01 11:00

     住民の価値観を変えることも、議会の役割の一つでしょう。議会で課題として取り上げ、議論を重ねる中でそれに対する新たな見方や捉え方を住民に提示し、新たな価値として受け止めてもらえば、生活を豊かにしていくきっかけになると考えます。甲府市議会議員 神山玄太

  • 【地域のよさを伝える9】セグメント化の意識を 2022/08/19 11:00

     実は、地方自治体のシティプロモーションの大半は「可もない不可もないプロモーション」です。担当者は「今は成果が出ていないが、あと数年頑張れば出るだろう」という思いで取り組みを続けます。これが「可もない不可もないプロモーション」です。…今回はシティプロモーションの重要な概念(用語)である「セグメント化」(セグメンテーション)を紹介します。 関東学院大学法学部准教授・社会構想大学院大学特任教授
    牧瀬 稔

  • 【公務員の段取り力10】笑いとハキハキの勧め 2022/08/08 00:00

     厳しい仕事の中でも賢い職場の過ごし方があります。できるだけ声を上げて笑う癖をつけることです。たかが「笑い」と侮ることなかれ。笑いはあなたと職場の雰囲気を変える万能薬で、良い結果や成果を生む源になります。つらくても思い詰めない、明るい前向きな指向、その「気」を持つことが、あなたとあなたの職場を変えます。笑い声は誰が発していても、そこで働く人々の救世主になるのです。静岡県藤枝市人財育成センター長 山梨秀樹