2022/令和4年
1210日 (

コラム 【地方議員の視点3】行政区域を超えたつながり 2022/02/11 00:00

甲府市議会議員 神山玄太氏

甲府市議会議員 神山玄太

 2022年1月11日の山梨県富士川町長選挙で、県議会議員だった望月利樹氏が無投票当選しました。望月氏は「未来の山梨を拓く議員の会」で共に活動してきた仲間です。本会から県内の首長になったのは、望月氏で3人目です。

◇若手議員が情報交換

 「未来の山梨を拓く議員の会」は、県内の若手地方議員によって構成され、情報交換や意見交換を通じて相互に見識を高め、未来の山梨を構築していくことを目的とした、自治体の行政区域を超えた団体です。私たちは「来山会(らいざんかい)」と呼んでいます。

 来山会は11年10月に組織され、現在、首長2人、県議会議員7人、市議20人、町議2、村議2人名、元職3人の計36人で構成する超党派の団体です。党派性はなく、「未来の山梨のために」行動すべく参集しました。

 本連載の最初の回でも書きましたが、議員は当選したらすぐに議員としての仕事が始まります。当然ですが初当選だからといって研修期間のようなものはなく、議会になれば自分で判断し、議員活動を進めていかなくてはなりません。まず頼りにできるのは同じ議会の先輩議員ですが、議会は違っていても同じ壁にぶつかっている初当選議員同士の情報交換も、とても参考になります。

 地方議会はそれぞれの議会で独自の予算や条例を議決します。しかし、国から地方への財政支出が決まったときの予算措置や法律改正を受け、条例改正が生じるような場合、どの自治体でも似通った議案を審査することがあります。請願なども同じ内容のものが複数の議会に提出されることもあります。もちろん議決での賛否は、それぞれの議会で個々の議員自らの判断ですが、議会での議論の参考にするため、仲間のいる他の議会でどのような議論があったのか、どのように判断したのかなど、来山会の仲間たちとの情報交換がとても役に立っています。

◇政治を身近に

 来山会は「未来の山梨を構築していく」ことを目的として掲げています。そのため、メンバー同士の意見交換だけでなく、住民の皆さんに選挙や政治を身近に感じてもらう活動をすることも重要な活動だと考えています。

 18歳で投票権を持つことを、多くの皆さんが意識しており、主権者教育なども「投票者としてどう判断するか」について学ぶことに主眼が置かれていると思います。でも私たちは25歳という年齢も大きな節目であると考え、25歳になったことを祝う「第二成人式」というイベントを開いてきました。

 なぜ来山会が25歳になったことを祝う企画をしようと思ったのか。それは25歳が被選挙権を得る年齢だからです。25歳になって、「よし!被選挙権を持ったぞ!」と強く意識している人はほとんどいのではないでしょうか。

 「第二成人式」は、25歳で被選挙権が手に入ることの自覚を高めるためのイベントです。「成人=選挙権」のイメージは強いですが、「被選挙権」となると、ほとんどその権利の行使を意識することがないように見受けられます。「政治を身近にするのももちろん大事だが、政治家になることを身近にしたい」という思いから、政治に挑戦できる「25歳という節目」をきちんと意識することが重要であると考え、第二成人式を企画しました。

第1回「第二成人式」=2013年1月13日、甲府市

 13年1月13日の第1回の第二成人式は、開催地だった甲府市の成人式と同日、同会場としました。25歳の第二成人に第二成人証書を授与し、「市長×地方議員×第二成人」によるパネルディスカッションに入りました。当時の甲府市長も、若くして政治家になった人だったのでゲストに呼びました。

 その他にも、国政にネットでの選挙運動が解禁された13年の第23回参議院議員通常選挙で「ネットで主張 2013参院選やまなし~動画を見て選挙に行こう~」という政策動画配信を企画しました。

 ネット選挙解禁前は、候補者がどんなに頑張って演説をしても、その場にいる有権者にしかメッセージを伝えることができませんでした。しかしインターネットが選挙運動のツールとして使えるようになれば、有権者は自分が見たい時間に、見たい場所で候補者の主張を聞き、比べることができるようになります。

 来山会は、山梨でも新たな選挙運動の在り方を提示しようと、候補者の政策動画と選挙運動動画をインターネットで配信する企画を立てました。「ネットで主張 ~動画を見て選挙に行こう~」は、その後の衆院選や知事選などでも実施しています。

 来山会の活動を始めて10年が経過しました。私たちの活動で山梨の政治文化に変化があったかは分かりませんが、議員1人では不可能でも、行政区域を超えた地方議員のつながりだからこそ、かなえられたことがたくさんあります。仲間の活動から多くの刺激、ヒントをもらっています。そして私たちの活動で、住民の皆さんが少しでも政治や選挙が身近になっていてくれれば嬉しいです。(了)

◇神山玄太(かみやま・げんた)氏のプロフィル
1982年甲府市生まれ。金沢大学法学部を卒業し、早稲田大学大学院公共経営研究科を修了。日本インターネット新聞社で記者として勤務後、甲府に戻る。2010年、国会議員政策担当秘書資格試験に合格。11年に甲府市議に初当選。12年に早稲田大学パブリックサービス研究所招聘研究員に就任。第6回マニフェスト大賞でグッド・マニフェスト優秀賞を受ける。15年の甲府市長選挙では次点で落選。甲府市議に2期目の当選後、17年9月から1年間「関東若手市議会議員の会」会長。19年4月から3期目の甲府市議。山梨英和大学で非常勤講師を務めた経験も。「ワイン県」山梨で活動する議員として21年にワインエキスパート資格も取得。

【地方議員の視点】

同一カテゴリー記事

  • 【公務員の段取り力12】マネジメントは自らの手で 2022/12/02 11:00

     これまでさまざまな視点やケースを基に、公務員の仕事や日常の段取りについて述べてきました。今回で連載を一区切りにします。まとめとして私がお伝えしたいのは「自分の職業人生は自分でつくり、自分がマネジメントする」ということです。静岡県藤枝市人財育成センター長 山梨秀樹

  • 【地方議員の視点10】華やかで意義のある場 2022/11/22 11:00

     議会と言えば、議員が演台で発言するイメージを持つ方も多いと思います。地方議会はそれぞれでルールが異なりますが、議員はさまざまな機会に演台で発言しており、甲府市議会では、議員提出議案の説明や議案に対する討論、委員長報告などの際に登壇します。そして、議員が一番多く演台に立つのは、市政一般質問の時です。甲府市議会議員 神山玄太

  • 【いま公務の現場では10】公務員と政治の関係 2022/11/09 11:00

     この連載も10回目を迎えましたので、取りあえず一区切りにしようと思います。今回は、公務員と政治の関係がテーマです。…霞が関で実際に働いている立場から、思うところを記したいと思います。人事院事務総局企画法制課長 植村隆生

  • 【公務員の段取り力11】見せよう、そして語ろう 2022/10/28 11:00

     あなたはプロとして、自分の仕事を周囲にオープンにしていますか? 成果だけではなく途中経過も、仲間や上司、そして住民に随時報告し、あなたの仕事を「見せる」ことは重要です。静岡県藤枝市人財育成センター長 山梨秀樹

  • 【地方議員の視点9】普段は何やってるの? 2022/10/17 11:00

     「議員って、普段は何をしているの?」「私服だけど、きょうは休みなの?」「年内はいつまで仕事なの?」…。これらの言葉は、議員になって市民の皆さんから聞かれることが多い質問ベストスリーです。甲府市議会議員 神山玄太

  • 【ナッジ入門編10】実践7:バイアスを考える 2022/10/04 17:00

     行政現場でナッジを活用したケースを、各地の自治体のリレー方式で紹介しています。今回は、岡山県真庭市の環境関連の試みです。…真庭市は職員有志でナッジを学び、情報交換をしています。今回は、環境課で取り組んだナッジの事例を紹介します。真庭市産業観光部農業振興課 藤田浩史

  • 【地域のよさを伝える10】営業マインドを持って 2022/09/22 11:00

     本連載は10回目を迎えました。ここで一区切りにしたいと思います。次回から、シティプロモーション自治体等連絡協議会が実施した「全国シティプロモーション実態調査」を紹介します。…今回は記念すべき10回目なので、基本的な注意点に言及します。関東学院大学法学部准教授・社会構想大学院大学特任教授
    牧瀬 稔

  • 【いま公務の現場では9】人事院の報告の背景 2022/09/12 11:00

     国の内外を問わず社会が急速に変化し、行政が抱える課題は複雑化・高度化しています。その中で、政府が国民に質の高い行政サービスを提供するためには、公務組織が国民本位の能率的で活力のあるサステナブル(持続可能)な組織であり続けなければなりません。人事院事務総局企画法制課長 植村隆生

  • 【地方議員の視点8】価値観変えた名山指定 2022/09/01 11:00

     住民の価値観を変えることも、議会の役割の一つでしょう。議会で課題として取り上げ、議論を重ねる中でそれに対する新たな見方や捉え方を住民に提示し、新たな価値として受け止めてもらえば、生活を豊かにしていくきっかけになると考えます。甲府市議会議員 神山玄太

  • 【地域のよさを伝える9】セグメント化の意識を 2022/08/19 11:00

     実は、地方自治体のシティプロモーションの大半は「可もない不可もないプロモーション」です。担当者は「今は成果が出ていないが、あと数年頑張れば出るだろう」という思いで取り組みを続けます。これが「可もない不可もないプロモーション」です。…今回はシティプロモーションの重要な概念(用語)である「セグメント化」(セグメンテーション)を紹介します。 関東学院大学法学部准教授・社会構想大学院大学特任教授
    牧瀬 稔