2022/令和4年
1127日 (

コラム 【公務員の段取り力5】段取りをはばむもの~その解消法 2022/01/25 12:00

藤枝市人財育成センター長 山梨秀樹氏

静岡県藤枝市人財育成センター長 山梨秀樹

◇仕事が煮詰まる…そんな時は

 あなたが段取りを進める際、常に注意すべき点があります。自分を追い詰めないことです。自らを追い込み、気持ちが落ち込んだ状態でいくらものを考えても、思考が堂々巡りするだけで、時間の浪費になります。

 煮詰まったら、いったんその仕事から距離を置き、自分自身の「気」を変えることです。

 まず意識的に笑い、周囲にできるだけつまらない冗談を飛ばしましょう。それから自席を離れ、しばらく空を眺める。庁内の自動販売機でいつもと違う飲み物を買う。庁内をちょっと散歩する。その日は午後から休暇を取り帰宅するのも一つの処方箋です。ブランクは後日、十分に挽回できます。これらは自分で気の流れを変える大切な段取りです。気の流れが変わると、やがて新しい発想や打開策が浮かんできます。行き詰まった段取りの先に、次の段取りが見えてくるのです。

 次に進むためには、自分が煮詰まっている状態を、早めに自分で感知することが大事です。いつの間にか一つのことに没入し、それに溺れている自分を、冷静につかむ習慣を付けましょう。時折、今の仕事をあえて突き放し、「軽く」見る姿勢です。日々の没入、深みからいっとき抜けて、少し高い所からわが仕事を 鳥瞰 ちょうかん し、達観するのです。すると、仕事の全体像と、やるべき核となる要素が見えてきます。そこに向かって今、自分が最短距離で進んでいるのか、非効率な作業や余計な調査をしていないかも分かってきます。最優先で何をすべきかが、すっと浮かび上がるのです。

 仕事に没頭する自分と、高い場所から自分と仕事を見つめるもう一人の自分。この「二つの自分」を持つと良いと思います。

 それでもいよいよ解決しないと思ったら、周囲に向かって騒ぎ、叫ぶことも大切です。仕事はしょせん、一人ではできません。組織にいるのですから、もともと一人で課題を抱える必要などないのです。「何のための組織か?」 と考えれば答えは明解。行き詰まったら騒ぎましょう。周囲も上司も何事かと思い、寄ってきます。そして何が問題点なのか共有できます。一人で黙して抱え込まなければ、解決の道が早く見つかります。たとえ自分のミスが原因でも、これはいけないと思ったら、声を上げましょう。

 自分の段取りに限界を感じたら、組織に段取りをさせるのです。事態が悪化する前に職場の持つ処方箋が効き、必ず次の手順が編み出せます。

◇段取りは狂うもの

 懸命に立てた仕事の段取りも、さまざまな状況の変化で、時にはあきれるほど狂います。でも、ここで大事なことがあります。うまくいかない仕事を「失敗した」と勝手に決めつけないことです。仕事に完全な失敗などありません。うまくいかないのは失敗ではなく、一部が成功しなかったのです。「失敗」の2文字による乱暴な自己否定ほど、無意味で無価値なものはありません。何より、自分で自分に「失敗」のレッテルを貼り、士気を下げることが大きな損失なのです。

 取り返しのつかない事業・施策やサービスなどはありません。時は矢のように過ぎ、役所への需要は絶え間なく続き、変化します。失敗を決め込みふさぎ込んでいる暇はありません。眼前にはサービスを必要とする住民がいます。だから、うまく進まない時も、とにかく歩き続けることです。役所は社会と共に、常に動いています。動いているうちに、見えてくる策もあります。進展と成功のチャンスは、尽きることなくあなたの前に現れます。

◇悩むより動きましょう

 せっかく予算の付いたこの事業を成功させたいが、うまく進まないかも、できないかも…。新規事業に入る際、悩みや心配が襲ってくる場合も多いと思います。私自身もそうでした。しかし、その思いばかりを引きずっていると、結局、自分で逃げ道を作ってしまい、引っ込み思案になって成果がうまく出せなくなります。大切なのは、やると決めたら、くよくよと迷わず、ふてぶてしく動くことです。

 およそ自信というものに根拠は要りません。「根拠のない自信」こそが大事です。仲間や上司と相談し、多くの関係者と会いましょう。上手に流れができなければ、当面そこまでにして、次の戦略や別の落とし所を探ります。悩むより、動いた方がずっといいのです。今できるところから進めていくうちに、周囲や関係団体の中に、良き理解者や協力者が現れます。自分の思いが徐々に周囲に波及して関係者の間でつながり、事業が動き出すようになります。あなたの気迫と熱で、相手の態度や動きが次第に変わります。結局、人を最後に助けるのは人なのです。前を向いて行きましょう。

 確信と熱を持って取り組み、小さな成果が生まれてちょっと自信がつき、欲が出て、次の成功を考える。それがまた少しうまくいき、上司や住民に褒められる。そこで嬉しくなり、もう一つ事務事業を進めてみる。それが行政の道のりです。施策やサービスが人々に向けて日々動くようになります。役所は常に、人々に「動き」を見せる存在であることが大切だと思います。(了)

◇山梨秀樹(やまなし・ひでき)氏のプロフィル
1983年静岡県庁に入り、旧総理府(現内閣府)地方分権推進委員会事務局、静岡県総務部合併支援室、藤枝市行財政改革担当理事、同市副市長、静岡県理事(地方分権・大都市制度担当)などを経て、19年4月から藤枝市理事。同年6月に人財育成センター長に就任した。同県内を中心に、公務員の「言葉力」をテーマにした研修・講演の講師を務めている。

【公務員の段取り力】

同一カテゴリー記事

  • 【地方議員の視点10】華やかで意義のある場 2022/11/22 11:00

     議会と言えば、議員が演台で発言するイメージを持つ方も多いと思います。地方議会はそれぞれでルールが異なりますが、議員はさまざまな機会に演台で発言しており、甲府市議会では、議員提出議案の説明や議案に対する討論、委員長報告などの際に登壇します。そして、議員が一番多く演台に立つのは、市政一般質問の時です。甲府市議会議員 神山玄太

  • 【いま公務の現場では10】公務員と政治の関係 2022/11/09 11:00

     この連載も10回目を迎えましたので、取りあえず一区切りにしようと思います。今回は、公務員と政治の関係がテーマです。…霞が関で実際に働いている立場から、思うところを記したいと思います。人事院事務総局企画法制課長 植村隆生

  • 【公務員の段取り力11】見せよう、そして語ろう 2022/10/28 11:00

     あなたはプロとして、自分の仕事を周囲にオープンにしていますか? 成果だけではなく途中経過も、仲間や上司、そして住民に随時報告し、あなたの仕事を「見せる」ことは重要です。静岡県藤枝市人財育成センター長 山梨秀樹

  • 【地方議員の視点9】普段は何やってるの? 2022/10/17 11:00

     「議員って、普段は何をしているの?」「私服だけど、きょうは休みなの?」「年内はいつまで仕事なの?」…。これらの言葉は、議員になって市民の皆さんから聞かれることが多い質問ベストスリーです。甲府市議会議員 神山玄太

  • 【ナッジ入門編10】実践7:バイアスを考える 2022/10/04 17:00

     行政現場でナッジを活用したケースを、各地の自治体のリレー方式で紹介しています。今回は、岡山県真庭市の環境関連の試みです。…真庭市は職員有志でナッジを学び、情報交換をしています。今回は、環境課で取り組んだナッジの事例を紹介します。真庭市産業観光部農業振興課 藤田浩史

  • 【地域のよさを伝える10】営業マインドを持って 2022/09/22 11:00

     本連載は10回目を迎えました。ここで一区切りにしたいと思います。次回から、シティプロモーション自治体等連絡協議会が実施した「全国シティプロモーション実態調査」を紹介します。…今回は記念すべき10回目なので、基本的な注意点に言及します。関東学院大学法学部准教授・社会構想大学院大学特任教授
    牧瀬 稔

  • 【いま公務の現場では9】人事院の報告の背景 2022/09/12 11:00

     国の内外を問わず社会が急速に変化し、行政が抱える課題は複雑化・高度化しています。その中で、政府が国民に質の高い行政サービスを提供するためには、公務組織が国民本位の能率的で活力のあるサステナブル(持続可能)な組織であり続けなければなりません。人事院事務総局企画法制課長 植村隆生

  • 【地方議員の視点8】価値観変えた名山指定 2022/09/01 11:00

     住民の価値観を変えることも、議会の役割の一つでしょう。議会で課題として取り上げ、議論を重ねる中でそれに対する新たな見方や捉え方を住民に提示し、新たな価値として受け止めてもらえば、生活を豊かにしていくきっかけになると考えます。甲府市議会議員 神山玄太

  • 【地域のよさを伝える9】セグメント化の意識を 2022/08/19 11:00

     実は、地方自治体のシティプロモーションの大半は「可もない不可もないプロモーション」です。担当者は「今は成果が出ていないが、あと数年頑張れば出るだろう」という思いで取り組みを続けます。これが「可もない不可もないプロモーション」です。…今回はシティプロモーションの重要な概念(用語)である「セグメント化」(セグメンテーション)を紹介します。 関東学院大学法学部准教授・社会構想大学院大学特任教授
    牧瀬 稔

  • 【公務員の段取り力10】笑いとハキハキの勧め 2022/08/08 00:00

     厳しい仕事の中でも賢い職場の過ごし方があります。できるだけ声を上げて笑う癖をつけることです。たかが「笑い」と侮ることなかれ。笑いはあなたと職場の雰囲気を変える万能薬で、良い結果や成果を生む源になります。つらくても思い詰めない、明るい前向きな指向、その「気」を持つことが、あなたとあなたの職場を変えます。笑い声は誰が発していても、そこで働く人々の救世主になるのです。静岡県藤枝市人財育成センター長 山梨秀樹