2022/令和4年
1127日 (

コラム 【地域のよさを伝える6】「何を」売るのか 2022/02/03 17:00

関東学院大学法学部准教授・社会情報大学院大学特任教授 牧瀬稔氏

関東学院大学法学部准教授・社会情報大学院大学特任教授 牧瀬稔

 前回までは、「誰に」というメインターゲットを決定することの重要性を指摘しました。メインターゲットを決めれば、シティプロモーションが成功する確率が高まります。今回は「何を」売るのか(「何を」伝えるのか)に関して言及します。

◇「何を」売るのか

 「誰に」というメインターゲットが決定したら、「何を」売るのかを検討します。あるいは「何を」売るかを決めてから、「誰に」伝えるのかを考えてもよいでしょう。重要なことは「誰に」と「何を」の関係を直接的にすることです。

 ところが、地方自治体は「何を」を決めることは苦手なようです。しかも、前回指摘したように「誰に」も決められませんから、結局「名ばかりシティプロモーション」が増えることになります。

 先日、筆者は某自治体に呼ばれました。そして、シティプロモーションに関して意見交換をしてきました。当該自治体の「誰に」は、よくありがちな「子育て世帯」でした。そして「何を」は「田舎くらし」でした。これもありがちです。「田舎くらし」は、とても眠いプロモーションです(そもそも当該自治体の「田舎くらし」に、顧客のニーズやウォンツはあるのでしょうか。この点を確認したら分析が曖昧でした)。

 ここで話はそれますが、重要なことを2点指摘します(本連載でこれまで例示したことも一部あります)。

 第一に、メインターゲットは「絞り込む」ことが重要です。某自治体が狙う「子育て世帯」とは、一般的には子どもが「0歳から18歳」を意味します(場合により22歳までとする自治体も存在します)。0歳から18歳とは、約20年間が対象です。これは「ターゲットできている」とは言えません。

 約20年間ということは、例えば、親世代は30歳から50歳となります。30歳と50歳では価値観が異なります(私は50歳に近いですが、30歳の人たちと同じ価値観とは思えません。一緒にやっていく自信もありません。特に私はニート系ですし…)。

 第二に、体力のない地方自治体は(行政資源の少ない自治体は)、レッドオーシャンを避けたほうが賢明ということです。レッドオーシャンとは「激しい競争状態にある市場」を意味します。「子育て世帯」は、どの自治体も狙うレッドオーシャンです。激しい競争にわざわざ参入する必要はないと、個人的には思います。

 レッドオーシャンは、得てして消耗戦になります。体力のない自治体は、ブルーオーシャンを目指すべきです。ブルーオーシャンとは「競争相手のいない未開拓の市場」です。

◇地域ブランドの明確化

 話を戻します。「何を」売るかが明確でなくては、どんなにシティプロモーションを実施しても成果は出ません。

 読者に質問です。売る商品が決まってないのに、広告を打つ企業はあるでしょうか。売るサービスがないのに、営業を展開する企業はあるでしょうか。普通に考えたら「ない」ですよね。ところが地方自治体のシティプロモーションは、「何を」売るかが決まっていないのに、広告を出したり、営業を展開したりしている状態です。摩訶不思議です。

 現在、シティプロモーション真っ盛りです(個人的にはバブルが弾けつつあると捉えています)。猫もしゃくしもシティプロモーションです。「何を」売るかが決まっていないのに、プロモーションをしています。民間企業では、ほとんど考えられない行動です。

 民間企業が、「何を」売るかが決まっていないのに営業をしたら、倒産してしまいます。そのため「何を」売るかは慎重に検討します(言い方に語弊がありますが、地方自治体は倒産がありませんから、「何を」売るかという意識が緩くなります)。

 筆者の持論は、シティプロモーションの前に「何を」という地域ブランド(自治体ブランド)の明確化が必要と考えています。

 地域ブランドという「何を」を構築してから、プロモーション(ここでは「販売促進」としておきます)に進むべきなのです。ところが、多くの場合は「何を」が決まっていなかったり、不明確だったり(眠かったり)する状態でプロモーションにいそしんでいます。こういう状況を「自己満足化のシティプロモーション」や「独り善がりのシティプロモーション」と言います。

◇大分類ではなく小分類が基本

 売る要素である「何を」を検討する視点は二つあります。今回は一つだけ紹介します。しばしば地方自治体は「自然が売り」「地域文化が売り」「歴史遺産が売り」と設定して、シティプロモーションをする場合が多くあります。実は、こういう大分類は、どの自治体にも一定数存在しているため、特徴になっても特長にはなりません。

 ちなみに、特徴とは「他と異なって特に目立つさま」という意味です。特長とは「他よりも特に優れている点や特別の長所」と定義されます。

 大分類ではなく小分類で「何を」を検討することが大事です。大分類ではなく小分類とは、具体的に言うと「自然が売り」ではなく「山が売り」となります。さらに「山が売り」ではなく「高尾山が売り」です。高尾山は日本に一か所しかありません。これは有益な「何を」になります。

***

 読者から「本連載で記したことを、その自治体に伝えたのかよ!」と突っ込みが入りそうです。当然、伝えていません。だって、このシティプロモーション担当者とは初対面ですし、信頼関係が構築されていません。なので、私の性格上、いきなりキツイことは言えません。とりあえず「ほほ~素晴らしい」「いや~いいですよね」「なるほどなるほどGoodです」と言い残して帰ってきました。(了)

◇牧瀬稔(まきせ・みのる)氏のプロフィル
法政大学大学院人間社会研究科博士課程修了。博士(人間福祉)。民間企業や神奈川県横須賀市都市政策研究所、財団法人日本都市センター研究室、財団法人地域開発研究所研究部などでの勤務を経て17年から関東学院大学法学部准教授。19年から社会情報大学院大学特任教授。公的活動としては、東京都新宿区や岩手県北上市、埼玉県春日部市、愛媛県西条市など多くの自治体でアドバイザーをしている。

【地域のよさを伝える】

同一カテゴリー記事

  • 【地方議員の視点10】華やかで意義のある場 2022/11/22 11:00

     議会と言えば、議員が演台で発言するイメージを持つ方も多いと思います。地方議会はそれぞれでルールが異なりますが、議員はさまざまな機会に演台で発言しており、甲府市議会では、議員提出議案の説明や議案に対する討論、委員長報告などの際に登壇します。そして、議員が一番多く演台に立つのは、市政一般質問の時です。甲府市議会議員 神山玄太

  • 【いま公務の現場では10】公務員と政治の関係 2022/11/09 11:00

     この連載も10回目を迎えましたので、取りあえず一区切りにしようと思います。今回は、公務員と政治の関係がテーマです。…霞が関で実際に働いている立場から、思うところを記したいと思います。人事院事務総局企画法制課長 植村隆生

  • 【公務員の段取り力11】見せよう、そして語ろう 2022/10/28 11:00

     あなたはプロとして、自分の仕事を周囲にオープンにしていますか? 成果だけではなく途中経過も、仲間や上司、そして住民に随時報告し、あなたの仕事を「見せる」ことは重要です。静岡県藤枝市人財育成センター長 山梨秀樹

  • 【地方議員の視点9】普段は何やってるの? 2022/10/17 11:00

     「議員って、普段は何をしているの?」「私服だけど、きょうは休みなの?」「年内はいつまで仕事なの?」…。これらの言葉は、議員になって市民の皆さんから聞かれることが多い質問ベストスリーです。甲府市議会議員 神山玄太

  • 【ナッジ入門編10】実践7:バイアスを考える 2022/10/04 17:00

     行政現場でナッジを活用したケースを、各地の自治体のリレー方式で紹介しています。今回は、岡山県真庭市の環境関連の試みです。…真庭市は職員有志でナッジを学び、情報交換をしています。今回は、環境課で取り組んだナッジの事例を紹介します。真庭市産業観光部農業振興課 藤田浩史

  • 【地域のよさを伝える10】営業マインドを持って 2022/09/22 11:00

     本連載は10回目を迎えました。ここで一区切りにしたいと思います。次回から、シティプロモーション自治体等連絡協議会が実施した「全国シティプロモーション実態調査」を紹介します。…今回は記念すべき10回目なので、基本的な注意点に言及します。関東学院大学法学部准教授・社会構想大学院大学特任教授
    牧瀬 稔

  • 【いま公務の現場では9】人事院の報告の背景 2022/09/12 11:00

     国の内外を問わず社会が急速に変化し、行政が抱える課題は複雑化・高度化しています。その中で、政府が国民に質の高い行政サービスを提供するためには、公務組織が国民本位の能率的で活力のあるサステナブル(持続可能)な組織であり続けなければなりません。人事院事務総局企画法制課長 植村隆生

  • 【地方議員の視点8】価値観変えた名山指定 2022/09/01 11:00

     住民の価値観を変えることも、議会の役割の一つでしょう。議会で課題として取り上げ、議論を重ねる中でそれに対する新たな見方や捉え方を住民に提示し、新たな価値として受け止めてもらえば、生活を豊かにしていくきっかけになると考えます。甲府市議会議員 神山玄太

  • 【地域のよさを伝える9】セグメント化の意識を 2022/08/19 11:00

     実は、地方自治体のシティプロモーションの大半は「可もない不可もないプロモーション」です。担当者は「今は成果が出ていないが、あと数年頑張れば出るだろう」という思いで取り組みを続けます。これが「可もない不可もないプロモーション」です。…今回はシティプロモーションの重要な概念(用語)である「セグメント化」(セグメンテーション)を紹介します。 関東学院大学法学部准教授・社会構想大学院大学特任教授
    牧瀬 稔

  • 【公務員の段取り力10】笑いとハキハキの勧め 2022/08/08 00:00

     厳しい仕事の中でも賢い職場の過ごし方があります。できるだけ声を上げて笑う癖をつけることです。たかが「笑い」と侮ることなかれ。笑いはあなたと職場の雰囲気を変える万能薬で、良い結果や成果を生む源になります。つらくても思い詰めない、明るい前向きな指向、その「気」を持つことが、あなたとあなたの職場を変えます。笑い声は誰が発していても、そこで働く人々の救世主になるのです。静岡県藤枝市人財育成センター長 山梨秀樹