2022/令和4年
124日 (

コラム 【公務員の段取り力6】身近な達成目標を決めよう! 2022/02/18 17:00

藤枝市人財育成センター長 山梨秀樹氏

静岡県藤枝市人財育成センター長 山梨秀樹

◇無理のない到達点を決める

 施策・事業を進める際に、あらかじめ私は自分なりの最初のゴールを必ず決めておきます。それは、無理のない到達点で、いわば自分のハラの中にある、仕事の最低ゴールです。企画段階でこれを決めておくと、事業の具体的な立案や予算要求、進め方も非常に楽になります。

 自分の理想だけをベースに施策案を作ってもすぐに行き詰まる可能性がありますが、最低到達点を決めておけば、自分も関係者もそこまでは何とかやり遂げようとするので、取りあえず一定の成果は出せるわけです。

 最低ラインと理想ラインの二つの到達点を決めたら、事業実施の段階では、まず、最低点に向かって一気に道筋を付けていきます。最低ゴールからさかのぼって段取りを決め、仕事を進めるのです。これが仕事の「さかのぼり段取り法」です。

 最低到達点を初めに決めておかないと、事業実行の段階で、どうしても道に迷うことがあります。理想とする到達点だけに執着すると、必ず起こる数々の障害要因に道を阻まれた時、段取りと進め方に戸惑うようになります。誰に話を持ちかけ、誰と交渉し、どう調整し直すのかで迷い、あなたの考えや動き方がブレてきます。そうなると、同僚も関係者も落ち着いて協議に参加できなくなり、今後の進展や展開に、疑いや不安を感じるようになります。

 ですから、担当者であるあなたが参画者全員に、まず最低の成果案を明確に示しておくことが、とても重要になるのです。そして、その成果イメージを早く全員に共有してもらうことが大切です。これが、仲間や上司、関係者と共に、常にブレない、スピーディな事業・施策を進める最大のコツです。以上を下図に要約しておきましょう。

実績を上げる段取りのポイント

 これで、施策・事業の進行が混乱をきたすことはないでしょう。「ここまではやれる!」という確信の共有に基づいたゴールなので、携わる全員の士気が落ちることは、まずありません。事業進展の各過程で、参画する各自の思考と行動が整理しやすくなり、皆が同じ思いで施策を具現化することができます。

 住民は公務の完成度の高さを要求します。だからといって最初からあまり気負い過ぎ、飛ばし続けて完璧を期そうとすると、かえってうまくいかないものです。特に事業推進の序盤戦での息切れや焦りは、仕事の効率を大きく落とします。それゆえ、まず最終目標の6割を目指すのです。それで事業に関わる皆の気持ちが楽になり、ストレスがない分、士気が保たれ、仕事の効率は上がります。誰もが一気に段取りを進め、目的に向かって走ることができます。「よし、そこまでならできる!」と思えば、事業は既に、おおむね成功なのです。

 事業進展のスピードが上がると、仕事に勢いと弾みが付いてきます。すると、実際の成果レベルは、理想となる目標の7~8割まで上がってきます。人は心理で動く「気」の生き物です。あとは追い込み次第。おおむね8割まで達成できたら堂々と住民にPRし、仕事の意義と成果を公表しましょう。80点でも臆さずに、住民に丁寧に、大いに成果を発信するのです。

 実績が多くの人々に知られることが、行政として非常に大切です。成果が具現化し、早く人々の眼前に訪れると皆が嬉しいし、職員も達成感が早く味わえます。さらに成果内容が報道されれば、仕事の苦しみが一変して、楽しみに変わります。「次の事業も頑張ってみるか!」という雰囲気に職場が包まれます。

◇協議は車座で

 こうして事業を進める上で、上司や管理職は、どう構えればいいでしょうか。大切なのは見守りとアドバイスの姿勢です。まずは、あれこれこまごまと指示をせず、担当者に自由にやらせてみることです。そして、問題が発生したらすぐに報告するよう徹底します。問題発生の報告を受けたら、稟議(りんぎ)ではなく、素早く関係者が車座となり、管理職も加わって皆で一緒に考え、早く次の手を打ちます。これが、稟議制から円陣法への転換です。上司や管理職がこの姿勢で臨んでいると、予想外の良い対処案や改善結果を、特に若手が早く持ってきてくれます。これがまた、楽しみの一つになります。私自身、問題発生時に若手から多くの提案や報告を受け、早く意思決定ができて、職場の全員で成果の喜びや達成感を味わってきました。

 問題事案への対処とスピーディな解決に、稟議制度は時に障害となります。役所組織のピラミッドに拘泥せず、特に問題発生時は上司も部下も協働し、円陣を組んで全員が知恵を出し合い、早く解決することが大事です。それで関係者や地域も役所の仕事ぶりを理解し、スピード感を評価して、もろもろ協力してくれる可能性も高まるのです。(了)

◇山梨秀樹(やまなし・ひでき)氏のプロフィル
1983年静岡県庁に入り、旧総理府(現内閣府)地方分権推進委員会事務局、静岡県総務部合併支援室、藤枝市行財政改革担当理事、同市副市長、静岡県理事(地方分権・大都市制度担当)などを経て、19年4月から藤枝市理事。同年6月に人財育成センター長に就任した。同県内を中心に、公務員の「言葉力」をテーマにした研修・講演の講師を務めている。

【公務員の段取り力】

同一カテゴリー記事

  • 【公務員の段取り力12】マネジメントは自らの手で 2022/12/02 11:00

    これまでさまざまな視点やケースを基に、公務員の仕事や日常の段取りについて述べてきました。今回で連載を一区切りにします。まとめとして私がお伝えしたいのは「自分の職業人生は自分でつくり、自分がマネジメントする」ということです。静岡県藤枝市人財育成センター長 山梨秀樹

  • 【地方議員の視点10】華やかで意義のある場 2022/11/22 11:00

     議会と言えば、議員が演台で発言するイメージを持つ方も多いと思います。地方議会はそれぞれでルールが異なりますが、議員はさまざまな機会に演台で発言しており、甲府市議会では、議員提出議案の説明や議案に対する討論、委員長報告などの際に登壇します。そして、議員が一番多く演台に立つのは、市政一般質問の時です。甲府市議会議員 神山玄太

  • 【いま公務の現場では10】公務員と政治の関係 2022/11/09 11:00

     この連載も10回目を迎えましたので、取りあえず一区切りにしようと思います。今回は、公務員と政治の関係がテーマです。…霞が関で実際に働いている立場から、思うところを記したいと思います。人事院事務総局企画法制課長 植村隆生

  • 【公務員の段取り力11】見せよう、そして語ろう 2022/10/28 11:00

     あなたはプロとして、自分の仕事を周囲にオープンにしていますか? 成果だけではなく途中経過も、仲間や上司、そして住民に随時報告し、あなたの仕事を「見せる」ことは重要です。静岡県藤枝市人財育成センター長 山梨秀樹

  • 【地方議員の視点9】普段は何やってるの? 2022/10/17 11:00

     「議員って、普段は何をしているの?」「私服だけど、きょうは休みなの?」「年内はいつまで仕事なの?」…。これらの言葉は、議員になって市民の皆さんから聞かれることが多い質問ベストスリーです。甲府市議会議員 神山玄太

  • 【ナッジ入門編10】実践7:バイアスを考える 2022/10/04 17:00

     行政現場でナッジを活用したケースを、各地の自治体のリレー方式で紹介しています。今回は、岡山県真庭市の環境関連の試みです。…真庭市は職員有志でナッジを学び、情報交換をしています。今回は、環境課で取り組んだナッジの事例を紹介します。真庭市産業観光部農業振興課 藤田浩史

  • 【地域のよさを伝える10】営業マインドを持って 2022/09/22 11:00

     本連載は10回目を迎えました。ここで一区切りにしたいと思います。次回から、シティプロモーション自治体等連絡協議会が実施した「全国シティプロモーション実態調査」を紹介します。…今回は記念すべき10回目なので、基本的な注意点に言及します。関東学院大学法学部准教授・社会構想大学院大学特任教授
    牧瀬 稔

  • 【いま公務の現場では9】人事院の報告の背景 2022/09/12 11:00

     国の内外を問わず社会が急速に変化し、行政が抱える課題は複雑化・高度化しています。その中で、政府が国民に質の高い行政サービスを提供するためには、公務組織が国民本位の能率的で活力のあるサステナブル(持続可能)な組織であり続けなければなりません。人事院事務総局企画法制課長 植村隆生

  • 【地方議員の視点8】価値観変えた名山指定 2022/09/01 11:00

     住民の価値観を変えることも、議会の役割の一つでしょう。議会で課題として取り上げ、議論を重ねる中でそれに対する新たな見方や捉え方を住民に提示し、新たな価値として受け止めてもらえば、生活を豊かにしていくきっかけになると考えます。甲府市議会議員 神山玄太

  • 【地域のよさを伝える9】セグメント化の意識を 2022/08/19 11:00

     実は、地方自治体のシティプロモーションの大半は「可もない不可もないプロモーション」です。担当者は「今は成果が出ていないが、あと数年頑張れば出るだろう」という思いで取り組みを続けます。これが「可もない不可もないプロモーション」です。…今回はシティプロモーションの重要な概念(用語)である「セグメント化」(セグメンテーション)を紹介します。 関東学院大学法学部准教授・社会構想大学院大学特任教授
    牧瀬 稔