2022/令和4年
105日 (

ふるさと写真館 【ふるさと写真館】地元企業の魅力的なSDGs商品を販売=名古屋市 2022/05/23 10:16

SDGsの視点を取り入れた商品販売イベントに出店した岐阜県多治見市のジュエリーブランドのブース=20日午前、名古屋市

 名古屋市のジェイアール東海高島屋は、国連の持続可能な開発目標(SDGs)の視点を取り入れた商品を販売するイベント「やさしい暮らしと彩るコモノたち」を開催している。東海3県(愛知、岐阜、三重)の企業も多数出店しており、環境に配慮したアクセサリーやスキンケア商品などがそろう。

 イベントには国内外から計50店舗が出店。23日まで開催している。高島屋のイベント担当者は「ニーズを理解し、販売場所を提供できる百貨店と、魅力的な商品を作る地元企業が協力した」と語る。

 岐阜県多治見市のジュエリーブランドのブースでは、愛知淑徳大の学生たちが、愛知県常滑市の海岸で拾った海洋プラスチックごみで制作したアクセサリーを販売。同大3年生の脇谷藍衣さんは「海洋プラ問題を知ってもらうきっかけになってほしい」と話した。(了)

(2022年5月23日iJAMP配信)

同一カテゴリー記事