2022/令和4年
105日 (

自治体便り 【デジタルデバイド対策】しまもとデジタルふれあいcafe実証実験中!=大阪府島本町 2022/06/24 09:00

〇しまもとデジタルふれあいcafeとは
 島本町では、住民のみなさまにスマホをご活用いただくため、スマホ講座やスマホ相談室を実施しています。これらの事業を実施しながらも、持続可能なデジタルデバイド対応を進めるため、しまもとデジタルふれあいcafeの実証実験を行っています。

 しまもとデジタルふれあいcafeは、高齢者のかたに楽しく、気軽にスマホを学んでいただくための場です。島本町、島本町社会福祉協議会、ボランティア、協力店舗が協力し実施することで、デジタルデバイド対応としてだけでなく、地域のコミュニティづくりや地域のにぎわいづくりに繋がることを期待しています。

〇事業の内容(期待する未来像)
 島本町が、町社会福祉協議会が声掛けするボランティア(スマホ支援員)に対し、スマホ支援の養成を行います。また、島本町は町内店舗(cafe)に開催場所の提供を依頼し、町社会福祉協議会は日時を指定してスマホ支援員を配置します(月数回、1日2時間~3時間程度)。スマホ支援員は、訪れた住民に対し、スマホ活用の支援を行います。なお、スマホ支援員や住民は、cafeにてドリンクなどを注文します。町は、広報しまもとやLINEなど広報媒体を利用し、住民向けにしまもとデジタルふれあいcafeの周知を行います。

今後も実証実験を重ね、事業実施を検討します。
https://www.town.shimamoto.lg.jp/soshiki/34/11037.html

(2022年6月24日iJAMP配信)

同一カテゴリー記事