2022/令和4年
105日 (

自治体便り 第一生命保険と『企業版ふるさと納税(人材派遣型)を活用した人事交流協定』を締結=大阪府阪南市 2022/06/24 14:41

 令和4年3月23日(水)、阪南市は第一生命保険株式会社(代表取締役社長:稲垣 精二 氏、以下「第一生命」)と『企業版ふるさと納税(人材派遣型)を活用した人事交流協定』を締結した。

 相互の連携を強化し、企業版ふるさと納税(人材派遣型)の仕組みを活用して、本市が、企業人材を職員として受け入れ、まち・ひと・しごと創生寄附活用事業を実施することで地方創生の一層の充実・強化を図る。

 ※人材派遣型の活用事例としては、大阪府内で2番目の事例。

 阪南市 水野市長は「第一生命保険株式会社様は生命保険事業の基本的精神「相互扶助」を踏まえ、安心に満ち、豊かで健康な人生を送れるwell-being(幸せ)の実現に向け、様々な社会貢献活動に取組まれており、本市と共に、生涯現役で健康に暮らせるまちづくり、生活の質を向上させるスマートシティ、ICTによる社会課題の解決を図る新しい価値の創造などにより、持続可能な都市へ変化するため、それぞれの人が未来に向かって「1歩」を踏み出せるよう、地域課題の解決を図っていく共創によるまちづくりの一助となるよう、今後、様々な分野において連携協力を進めてまいります。」と話す。

 詳しくは、OSAKA KOUMIN NEWSから
 https://osakakoumin.news/news/hannan_daiichi/

(2022年6月24日iJAMP配信)

同一カテゴリー記事