2022/令和4年
105日 (

コラム 【公務員の段取り力9】体と心を健やかに 2022/06/30 15:00

藤枝市人財育成センター長 山梨秀樹氏

静岡県藤枝市人財育成センター長 山梨秀樹

◇健康の段取り

 あえて申し上げれば、どの職業でも仕事は生きていくため、生活の糧を得るための手だてです。毎日仕事が面白く、体力にモノを言わせて徹底的に業務に打ち込めば、充実感を覚えることができます。その姿は美しいのですが、仕事はあくまで生活のためです。

 「生業(なりわい)」とは分かりやすい言葉で、仕事で身を立て、生きていくことを意味します。ですからどんなに業務に没頭し全身全霊で注力しても、決して心身の健康を侵してはなりません。

 仕事に全力で入り込んでいる時は、自身の健康がおろそかになっていることに、大抵気付きません。ずっと交感神経が張りっ放しで精力がみなぎっている間は、心身の疲労をあまり意識しません。それでだんだん「張っている」という感覚がまひしてきます。連日の残業、休日の出勤、在宅勤務での作業、移動中の書類確認や打ち合わせなど、いつでもどこでも緊張ばかりの暮らし方は、少しずつ確実にあなたの健康をむしばんでいきます。

 ぴんと張った糸は、いずれは切れます。「張り切っている」というのはこの状態です。基礎体力には個人差がありますから、他者と同じように自分も頑張り続けられるとは限りません。そしてついに体調を崩して倒れます。長い期間を経てその状況に陥るので、回復にも長い期間が必要となるのは当然です。

 人事課も心配し、本人が相当程度まで持ち直しても、再び元の部署に戻るケースは少ないでしょう。優秀で将来を嘱望され、それを一身に受けて懸命に働いたのに、過労やストレス続きで心身の健康を崩して長期療養となった同僚や若手を、私も何人か見てきました。その後はなかなか以前のような職場に復帰できなくなりました。本人はもちろん、組織としても地域としても非常に残念なことです。

 自分自身のリスク管理として、常に「目いっぱい」という状態は警戒すべきであり、真面目でひたむきな人こそ注意が必要です。優れた人の貴い力を組織と地域で生かせないのは行政として大きな損失ですし、その穴埋めも難しいのです。

◇効率的な暮らしの段取り

 高い集中力で仕事を進めるコツは、何といっても毎日よく眠ることです。人が一つの事案に集中できる時間は、どんなに長くてもせいぜい数十分だと言われます。睡眠が不足するとこの時間がさらに短くなるのは、誰もが経験していることでしょう。長時間勤務が続き、寝不足が重なれば、どんなに優秀な人でも午前中は大して仕事になりません。

 私の経験でも、長期間延々と続く超過勤務の業務効率の悪さは相当なものです。発想力が低下し、明るい思考もできなくなります。出勤さえしていればいいわけではありません。生産性が大きく下がるのです。多忙な中でも手早く仕事を進め、早く帰宅して夕食を楽しみ、ぐっすりと眠る習慣を極力つくりましょう。毎日が無理なら、せめて1週間に1日でも、夜たっぷり眠る日を平日のどこかにつくる。それが「効率的な暮らしの段取り」であり、それだけでも日々の仕事の生産力は変わります。

 仕事の進め方の大切なコツの一つとして、常時意識してリラックスの時間や睡眠を確保する努力をすべきです。これが、職場経営の面では管理職のタイムマネジメントの基本です。

◇小さな取り組みの積み重ね

 私は今、市役所で働き方改革にも関わっており、職員には、毎日15分早く残業を切り上げようと言っています。机上の片付けや着替え、わずかな談笑でも、15分程度はすぐにたってしまいます。でもそれならすぐにできるはず。毎夕時計を見て、15分早く退庁する。毎日時間を忘れて働くなど、聞こえはいいですが賢明とは言えません。平時にもかかわらず「寝食を忘れて」といった意識は、組織においてはもってのほか。自分の時間管理ができていない証拠であり、将来管理職になる資格も疑わしいと思います。

 15分早く帰れたら、次は30分、その次は45分、そして1時間早く引き上げる段取りへと、徐々にステップアップしていきます。小さなことから着実に取り組み、要領よく仕事を仕上げ、来る日も来る日も残業、また残業という悪しき習慣から抜け出しましょう。

 施策や改革のアイデアが、自宅のトイレの中、入浴中、寝入りばなや目覚めの時にパッとひらめき、思わず声を上げることが私にもあります。毎日、どこにいても仕事のことを忘れられないのが公務員です。激務に没頭している時より、のどかな休息中に頭に浮かぶことも多いのではないでしょうか。定時退庁が無理なら、せめて毎日、ちょっとずつでも時間外勤務を減らすことです。職場よりも良い発想が生まれる環境が、他にある場合もあります。(了)

◇山梨秀樹(やまなし・ひでき)氏のプロフィル
1983年静岡県庁に入り、旧総理府(現内閣府)地方分権推進委員会事務局、静岡県総務部合併支援室、藤枝市行財政改革担当理事、同市副市長、静岡県理事(地方分権・大都市制度担当)などを経て、19年4月から藤枝市理事。同年6月に人財育成センター長に就任した。同県内を中心に、公務員の「言葉力」をテーマにした研修・講演の講師を務めている。

【公務員の段取り力】

同一カテゴリー記事

  • 【ナッジ入門編10】実践7:バイアスを考える 2022/10/04 17:00

     行政現場でナッジを活用したケースを、各地の自治体のリレー方式で紹介しています。今回は、岡山県真庭市の環境関連の試みです。…真庭市は職員有志でナッジを学び、情報交換をしています。今回は、環境課で取り組んだナッジの事例を紹介します。真庭市産業観光部農業振興課 藤田浩史

  • 【地域のよさを伝える10】営業マインドを持って 2022/09/22 11:00

     本連載は10回目を迎えました。ここで一区切りにしたいと思います。次回から、シティプロモーション自治体等連絡協議会が実施した「全国シティプロモーション実態調査」を紹介します。…今回は記念すべき10回目なので、基本的な注意点に言及します。関東学院大学法学部准教授・社会構想大学院大学特任教授
    牧瀬 稔

  • 【いま公務の現場では9】人事院の報告の背景 2022/09/12 11:00

     国の内外を問わず社会が急速に変化し、行政が抱える課題は複雑化・高度化しています。その中で、政府が国民に質の高い行政サービスを提供するためには、公務組織が国民本位の能率的で活力のあるサステナブル(持続可能)な組織であり続けなければなりません。人事院事務総局企画法制課長 植村隆生

  • 【地方議員の視点8】価値観変えた名山指定 2022/09/01 11:00

     住民の価値観を変えることも、議会の役割の一つでしょう。議会で課題として取り上げ、議論を重ねる中でそれに対する新たな見方や捉え方を住民に提示し、新たな価値として受け止めてもらえば、生活を豊かにしていくきっかけになると考えます。甲府市議会議員 神山玄太

  • 【地域のよさを伝える9】セグメント化の意識を 2022/08/19 11:00

     実は、地方自治体のシティプロモーションの大半は「可もない不可もないプロモーション」です。担当者は「今は成果が出ていないが、あと数年頑張れば出るだろう」という思いで取り組みを続けます。これが「可もない不可もないプロモーション」です。…今回はシティプロモーションの重要な概念(用語)である「セグメント化」(セグメンテーション)を紹介します。 関東学院大学法学部准教授・社会構想大学院大学特任教授
    牧瀬 稔

  • 【公務員の段取り力10】笑いとハキハキの勧め 2022/08/08 00:00

     厳しい仕事の中でも賢い職場の過ごし方があります。できるだけ声を上げて笑う癖をつけることです。たかが「笑い」と侮ることなかれ。笑いはあなたと職場の雰囲気を変える万能薬で、良い結果や成果を生む源になります。つらくても思い詰めない、明るい前向きな指向、その「気」を持つことが、あなたとあなたの職場を変えます。笑い声は誰が発していても、そこで働く人々の救世主になるのです。静岡県藤枝市人財育成センター長 山梨秀樹

  • 【ナッジ入門編9】実践6:複合機の印刷枚数削減 2022/07/25 15:00

     行政現場でナッジを活用したケースを、各地の自治体のリレー方式で紹介しています。今回は、堺市によるペーパーレスを促した事例です。同市は2021年8月、全国の自治体初の環境分野特化型ナッジ・ユニットとして「堺市環境行動デザインチームSEEDs」を設けました。環境局有志職員で構成するプロジェクトチームで、20~30代の若手職員中心の14人のメンバーが、環境施策へのナッジの活用や庁内外へのナッジの普及に取り組んでいます。堺市環境行動デザインチームSEEDs 前川裕輔

  • 【地方議員の視点7】議会機能で市民意見を反映 2022/07/13 16:00

     新型コロナウイルスの感染は、2020年1月15日に国内で初めて、同3月6日に山梨県内で初めて確認されました。その時、県内の市町村では3月定例会の真っただ中でした。そんな中、甲府市議会は、全国の多くの地方議会で決めた自粛ではなく、積極的に議会を開き、コロナ対策に議会として関わっていくと判断しました。甲府市議会議員 神山玄太

  • 【公務員の段取り力9】体と心を健やかに 2022/06/30 15:00

     「生業(なりわい)」とは分かりやすい言葉で、仕事で身を立て、生きていくことを意味します。ですからどんなに業務に没頭し全身全霊で注力しても、決して心身の健康を侵してはなりません。静岡県藤枝市人財育成センター長 山梨秀樹

  • 【いま公務の現場では8】デジタル庁と民間人材の活用 2022/06/22 11:00

     民間人材を円滑に「採用」することはもちろん大事ですが、それ以上に、採用後の「活用」には課題があるようです。今回はデジタル庁と民間人材の活用がテーマです。人事院事務総局企画法制課長 植村隆生