2022/令和4年
105日 (

ふるさと写真館 【ふるさと写真館】降ひょう被害に台湾の団体が義援金=埼玉県 2022/07/08 10:32

世界華人工商婦女企管協会の日本分会から義援金の目録を受け取る大野知事(中央)=6日午後、埼玉県庁

 埼玉県の大野元裕知事は、6月初旬の県北部や東部での降ひょう被害に対し、台湾の働く女性のビジネス団体である「世界華人工商婦女企管協会」日本分会と埼玉台湾協会から義援金として合計130万円を受け取った。

 大野知事は贈呈式で、「降ひょうの翌日に被害地域に行ったが、スイートコーンや小麦などに本当に大きな被害を受けて大変驚いた」と指摘。「手塩にかけた作物を失った生産者の気持ちを考えると胸が痛むので、義援金は生産者が農業を継続できるよう支援するのに使わせていただく」と感謝した。

 大野氏が初めて訪れた国・地域は6歳の時の台湾だとし、参議院議員時代に故李登輝元総統の来日時、受け入れのための議員連盟の役員をするなど、台湾とは縁があると紹介。「政治家としても一国民としても台湾に強い思いがあるので、日本と台湾の架け橋になり、友好関係を育む力添えをお願いする」と要請した。(了)

(2022年7月8日iJAMP配信)

同一カテゴリー記事