2022/令和4年
105日 (

ふるさと写真館 【ふるさと写真館】ワーケーションで鳥獣被害学ぶ―徳島県 2022/07/20 09:50

罠の仕組みについて学ぶアワーケーション参加者=17日午前、徳島県三好町

 阿波(徳島県)の魅力と休暇を楽しみながら仕事をする徳島県の「アワーケーション」が三好市で行われた。全国から5人が参加し、鳥獣被害対策を学んだ。

 プログラムでは、市内で捕獲・加工された野生鳥獣の肉「ジビエ」を使った料理を堪能。狩猟免許を持つ市職員と山に入り、動物の生態について説明を受け、職員がわなを設置するのを手伝った。

 大阪府から家族3人で参加した会社員の五十川敦史さん(38)は「『田舎暮らしは嫌だ』と言っていた妻から『住んでみたい』と言ってもらえた。良い経験ができた」と話した。

 市内では農作物への食害が深刻化。シカ・イノシシの捕獲頭数は激増しているが、1割程度しか食肉にできていないという。市担当者は「食害の現状やジビエのおいしさをもっと多くの人に知ってもらいたい」と話した。

 プログラムは2020年から行っており、今年は13回実施する。いずれも違う内容で、ウミガメの生態を学んだり、うどんの手打ち体験をしたりする。(了)

(2022年7月20日iJAMP配信)

同一カテゴリー記事