2022/令和4年
105日 (

自治体便り 「地域モビリティの再構築」地公研総括シンポジウム(最終回)9月2日13時〜開催!=一般財団法人地域公共交通総合研究所 2022/08/01 08:00

総括シンポジウム:テーマ 〜再構築の総力戦は成るか?〜
日時:2022年9月2日(金) 13:00〜17:00 (zoomにて)  無料  要申込
申込先:https://chikoken.org/symposium/ol4form/の申込フォームに入力。  
運営事務局:(一財)地域公共交通総合研究所 086-232-2110(担当:町田)machida@chikoken.org

【開催趣旨】
 2021年刊行された書籍「地域モビリティの再構築」を契機にしてこれまで実施されてきた3回のシリーズ・セミナーを踏まえ、主として地方都市や人口過疎地域におけるモビリティ確保方策の抜本的改善を図るために必要な総力戦の具体的あり方を論じる。

【後 援】 国土交通省、(公財)土木学会、日本交通学会、(一社)計画・交通研究会

【プログラム】  企画コーディネータ:家田仁(政策研究大学院大学・特別教授)

①開会挨拶(13:00〜13:05) 小嶋光信(地域公共交通総合研究所・理事長)

②第1部(13:05〜15:00) 「総力戦のケーススタディ~実質効果と定着への脱皮~」
 (1) 「土木学会による日本の地域公共交通の体力診断」 谷口綾子(筑波大・教授)
 (2) 「公助を引き出す自助の取り組み~情報提供のあり方再考」 大串葉子(椙山女学園大・教授)
 (3) 「独禁法適用除外と交通ネットワークの再編成」 細谷精一(前橋市・交通政策課長)
 (4) 「その後の三陸鉄道と気仙沼線/大船渡線BRT」 五十嵐誠(東北運輸局・交通政策部長)
 (5) 「シェアードモビリティの可能性~自転車の潜在力」 工藤智彰(Open Street・CEO)
 (6) 「 共助モビリティの役割と可能性〜コミュ二ティ・カーシェアリングを通じて確認できたこと〜」吉澤武彦(日本カーシェアリング協会・代表理事)

③第2部(15:15〜16:45) 総括ディスカッション「総力戦は成るか?~そのキモを論じる~」
 司会: 家田 仁 (前出) 
 パネリスト(五十音順):大串葉子 (前出)、岡村敏之 (東洋大・教授、)谷口綾子 (前出)、松本 順 (みちのりホールディングス・CEO)、三村 聡 (岡山大・教授)

④総括コメント(16:45〜16:55) 鶴田浩久 (国土交通省 公共交通・物流政策審議官)

⑤閉会挨拶(16:55〜17:00) 大上真司 (地域公共交通総合研究所・副理事長)            (敬称略) 以上

(2022年8月1日iJAMP配信)

同一カテゴリー記事