2022/令和4年
105日 (

コラム 【地域のよさを伝える9】セグメント化の意識を 2022/08/19 11:00

関東学院大学法学部准教授・社会構想大学院大学特任教授 牧瀬稔氏

関東学院大学法学部准教授・社会構想大学院大学特任教授 牧瀬稔

◇可も不可もないプロモーション

 これまでの連載で▽設定したメインターゲットに「何を」売り込むのか▽「何を」は差別化を意識できているのか▽メインターゲット志向になっているのか▽メインターゲットが共感するブランドメッセージを用意しているのか――などに言及しました。

 これまでの指摘に、何一つ新しい内容はありません。すべてマーケティングの教科書に記されています。すなわち教科書通りに進めていけばいいだけのことです。ところが、地方自治体が推進するシティプロモーションは、教科書から学ばない独り善がりの取り組みが多いのです。その結果、多くの場合は成果が導出されません(独り善がりがたまたま当たり、成果が得られる場合はあると思います)。 成果が上がらないから「失敗している」わけでもありません。もちろん明らかに失敗するケースがあります。しかし、担当者は失敗を認めたがりません。

 実は、地方自治体のシティプロモーションの大半は「可もない不可もないプロモーション」です。担当者は「今は成果が出ていないが、あと数年頑張れば出るだろう」という思いで取り組みを続けます。これが「可もない不可もないプロモーション」です。ところが数年後には担当者が異動し、別の担当者が受け持つケースが多々あります。新しい担当者も独り善がりになって「可もない不可もないプロモーション」が再生産されます。

 一人の担当者が在任中に見える成果が上がらない場合は「可もない不可もないプロモーション」と捉えた方がよいでしょう。

 今回はシティプロモーションの重要な概念(用語)である「セグメント化」(セグメンテーション)を紹介します。

◇セグメント化(セグメンテーション)

 セグメント化の定義は「対象層を年齢や職業、居住地など特定の条件によってグループ分けすること」です。図「定住人口の獲得を目指したセグメント化」は定住人口の獲得を目指した例の一つです。

図「定住人口の獲得を目指したセグメント化」(例示)

 地方自治体のシティプロモーションは、しばしば対象層を「30代子育て世帯」と明記しています。これではざっくりしすぎて、眠いプロモーションとなってしまいます。「眠い」とは「訴求効果がない」という意味です。少なくとも「30代子育て世帯・夫婦共働き・未就学児2人・世帯年収800万円」と、もう少し細かくセグメント化(細分化)していく必要があります。

 余談ですが、多くの自治体が「30代子育て世帯」と「親」世代にターゲットを絞っています。私は「親」よりも「子」にした方がよいと考えています。つまり「3~5歳児の世帯」です。「30代子育て世帯」では、子どもがいない世帯をはじめ、子どもが0歳から10歳前後まで幅広くなります。一方「3~5歳児の世帯」であれば、子育てサービスが限定され、親が何歳であろうと「3~5歳児」の話題で共通項が持てます。なぜ、多くのシティプロモーションは「親」に焦点を当てているのか不思議です。

◇セグメント化の4視点

 話を戻します。セグメント化には大きく分けて①人口統計的属性②地理的属性③心理的属性④行動的属性――の4視点があります。以下で簡単に説明します。

 ①人口統計的属性

 デモグラフィック属性とも言われます。対象層を年齢や性別、学歴、職業、所得(年収)、家族構成などに分ける手法です。図の例示は、このパターンを採用しています。簡単に分類できるのが特徴なので、最もよく活用されます。先に記した「30代子育て世帯・夫婦共働き・未就学児2人・世帯年収800万円」は、人口統計的属性によるセグメント化です。

 ②地理的属性

 ジオグラフィック属性とも称されます。例えば、居住地域、人口密度、人口規模、沿線、最寄り駅、周りの環境(例えば都市圏・郊外圏・地方圏)などが代表的な属性です。端的に言うと「どの地域から対象層を獲得するのか」という議論になります。このセグメント化もよく使われる手法です。

 私がシティプロモーションを進める場合、多くは①と②を活用します。これらのセグメント化を意識して分類しています。分類の中でメインターゲットを決定します。それに対して、ピンポイントでプロモーションを進めていくと、短期間である程度の成果が導出されます。

 私はあまり活用しませんが、セグメント化には残りの2視点があります。

 ③心理的属性

 サイコグラフィック属性とも言われます。対象層の性格、価値観、嗜好(しこう)、ライフスタイル、習い事、趣味などの条件でセグメント化するケースです。

 ④行動的属性

 ビヘイビアルとも言われます。例えば、対象層の商品に対する利用用途、利用頻度、選択基準など、行動に重きを置いたセグメント化です。

 繰り返しますが、私が進めるシティプロモーションは①と②が中心で、③と④を活用した経験はありません(③と④は複雑すぎて私の能力を超えているからです)。

 個人的には、視点①と②をしっかりやっていけば、シティプロモーションはある程度の成果が上がると経験的に実感しています。

 最後になりますが、セグメント化のポイントは「細かく分けすぎないこと」です。セグメント化に取り組むと、意外と面白く、ついつい細かく分けすぎる傾向があります。しかし、細かくすればするほど複雑になり、対象層の「数」が限られます。その結果、期待していた成果が得られないことが多々あります。そこで、図で示したように、細かく分けすぎず、ざっくりしすぎない程度のセグメント化でよいと考えています。(了)

◇牧瀬稔(まきせ・みのる)氏のプロフィル
法政大学大学院人間社会研究科博士課程修了。博士(人間福祉)。民間企業や神奈川県横須賀市都市政策研究所、財団法人日本都市センター研究室、財団法人地域開発研究所研究部などでの勤務を経て17年から関東学院大学法学部准教授。19年から社会情報大学院大学(現社会構想大学院大学)特任教授。公的活動としては、東京都新宿区や岩手県北上市、埼玉県春日部市、愛媛県西条市など多くの自治体でアドバイザーをしている。

【地域のよさを伝える】

同一カテゴリー記事

  • 【ナッジ入門編10】実践7:バイアスを考える 2022/10/04 17:00

    行政現場でナッジを活用したケースを、各地の自治体のリレー方式で紹介しています。今回は、岡山県真庭市の環境関連の試みです。…真庭市は職員有志でナッジを学び、情報交換をしています。今回は、環境課で取り組んだナッジの事例を紹介します。真庭市産業観光部農業振興課 藤田浩史

  • 【地域のよさを伝える10】営業マインドを持って 2022/09/22 11:00

     本連載は10回目を迎えました。ここで一区切りにしたいと思います。次回から、シティプロモーション自治体等連絡協議会が実施した「全国シティプロモーション実態調査」を紹介します。…今回は記念すべき10回目なので、基本的な注意点に言及します。関東学院大学法学部准教授・社会構想大学院大学特任教授
    牧瀬 稔

  • 【いま公務の現場では9】人事院の報告の背景 2022/09/12 11:00

     国の内外を問わず社会が急速に変化し、行政が抱える課題は複雑化・高度化しています。その中で、政府が国民に質の高い行政サービスを提供するためには、公務組織が国民本位の能率的で活力のあるサステナブル(持続可能)な組織であり続けなければなりません。人事院事務総局企画法制課長 植村隆生

  • 【地方議員の視点8】価値観変えた名山指定 2022/09/01 11:00

     住民の価値観を変えることも、議会の役割の一つでしょう。議会で課題として取り上げ、議論を重ねる中でそれに対する新たな見方や捉え方を住民に提示し、新たな価値として受け止めてもらえば、生活を豊かにしていくきっかけになると考えます。甲府市議会議員 神山玄太

  • 【地域のよさを伝える9】セグメント化の意識を 2022/08/19 11:00

     実は、地方自治体のシティプロモーションの大半は「可もない不可もないプロモーション」です。担当者は「今は成果が出ていないが、あと数年頑張れば出るだろう」という思いで取り組みを続けます。これが「可もない不可もないプロモーション」です。…今回はシティプロモーションの重要な概念(用語)である「セグメント化」(セグメンテーション)を紹介します。 関東学院大学法学部准教授・社会構想大学院大学特任教授
    牧瀬 稔

  • 【公務員の段取り力10】笑いとハキハキの勧め 2022/08/08 00:00

     厳しい仕事の中でも賢い職場の過ごし方があります。できるだけ声を上げて笑う癖をつけることです。たかが「笑い」と侮ることなかれ。笑いはあなたと職場の雰囲気を変える万能薬で、良い結果や成果を生む源になります。つらくても思い詰めない、明るい前向きな指向、その「気」を持つことが、あなたとあなたの職場を変えます。笑い声は誰が発していても、そこで働く人々の救世主になるのです。静岡県藤枝市人財育成センター長 山梨秀樹

  • 【ナッジ入門編9】実践6:複合機の印刷枚数削減 2022/07/25 15:00

     行政現場でナッジを活用したケースを、各地の自治体のリレー方式で紹介しています。今回は、堺市によるペーパーレスを促した事例です。同市は2021年8月、全国の自治体初の環境分野特化型ナッジ・ユニットとして「堺市環境行動デザインチームSEEDs」を設けました。環境局有志職員で構成するプロジェクトチームで、20~30代の若手職員中心の14人のメンバーが、環境施策へのナッジの活用や庁内外へのナッジの普及に取り組んでいます。堺市環境行動デザインチームSEEDs 前川裕輔

  • 【地方議員の視点7】議会機能で市民意見を反映 2022/07/13 16:00

     新型コロナウイルスの感染は、2020年1月15日に国内で初めて、同3月6日に山梨県内で初めて確認されました。その時、県内の市町村では3月定例会の真っただ中でした。そんな中、甲府市議会は、全国の多くの地方議会で決めた自粛ではなく、積極的に議会を開き、コロナ対策に議会として関わっていくと判断しました。甲府市議会議員 神山玄太

  • 【公務員の段取り力9】体と心を健やかに 2022/06/30 15:00

     「生業(なりわい)」とは分かりやすい言葉で、仕事で身を立て、生きていくことを意味します。ですからどんなに業務に没頭し全身全霊で注力しても、決して心身の健康を侵してはなりません。静岡県藤枝市人財育成センター長 山梨秀樹

  • 【いま公務の現場では8】デジタル庁と民間人材の活用 2022/06/22 11:00

     民間人材を円滑に「採用」することはもちろん大事ですが、それ以上に、採用後の「活用」には課題があるようです。今回はデジタル庁と民間人材の活用がテーマです。人事院事務総局企画法制課長 植村隆生