2022/令和4年
105日 (

ふるさと写真館 【ふるさと写真館】田んぼアートが見頃=青森県田舎館村 2022/08/08 10:05

見頃を迎えている「モナリザ」と「湖畔」の田んぼアート=5日午後、青森県田舎館村

 青森県田舎館村の田んぼアートが見頃を迎えている。今年は「モナリザ」、黒田清輝の「湖畔」、北海道・北東北の縄文遺跡群の世界文化遺産登録にちなんだ「縄文から弥生へ」の3種類。過去2年は新型コロナウイルスの影響で観覧を中止したが、3年ぶりに展望デッキを開放した。10月10日まで。

 古代米など10種類の稲を使って7色を表現。役場近くの第1会場にモナリザと湖畔を、第2会場の道の駅に縄文を出現させた。

 モナリザは2003年にも挑戦したが、「展望台から見ると顔が小さく体が大きい不格好」(鈴木孝雄村長)なものだった。今回は遠近法を採り入れてリベンジ。同村の美容師米村美穂さん(40)は「写真を撮るとき、携帯(電話)も(モナリザの)顔を認証したので進化しているんだと思った」と驚いた様子で語った。

 村の担当者も「大成功だ。観覧者からも『感動した』という声を聞いている。100点満点で言うと120点だ」と今年の出来栄えを満足げに話した。(了)

(2022年8月8日iJAMP配信)

同一カテゴリー記事