2022/令和4年
105日 (

自治体便り 会社員とのダブルワークでスピード就農!夢を叶えたブルーベリー農園主が我孫子市長を表敬訪問=千葉県我孫子市 2022/08/16 11:00

上:園主の山田さん(左)と星野我孫子市長
下:山田さんが持参した、朝採れのブルーベリー

 昨年12月、新規就農ガイダンスに参加し、今年7月に夢を叶えて、手賀沼沿いのブルーベリー農園主となった山田夏実さんが、8月12日に我孫子市の星野市長を訪問しました。

 山田さんは、同ガイダンスで、後継者を探していた農園の前オーナーと出会えたことや、市のサポートなどにより、6か月という短期間で就農を実現しました。

 都内のIT関連企業に勤め、100%テレワークで仕事をしながら、始業前や休憩時間には自宅から近い農園で果樹の手入れをしています。休日は本格的な農作業、ブルーベリーが旬を迎えた7月下旬からは、摘み取り体験者への対応も加わり、農園でもテレワークを行う、忙しくも充実した日々を送っています。

 山田さんは、朝採れの新鮮なブルーベリーを星野市長に振舞いながら、「我孫子は東京にも近く、ほどよい郊外感で、会社員と農家のダブルワークも無理なくできます。ブルーベリーを摘んだ経験の無い人が多いので、農園での体験をきっかけに、食への関心を高められる、そんな農園づくりをしていきたい。」と語りました。

 また、星野市長は、「農業はとても大事な産業です。他の農家の方とも交流を深め情報交換をしつつ、協力して頑張ってください。」と、応援の言葉を述べました。

 農園には、広さ2,400㎡の畑に19種類、約250本のブルーベリーが植えられています。今が旬で、8月末頃まで摘み取り体験ができるということです。

 7月初旬から8月末までの水・土・日曜日(要事前予約)
 公式サイトURL https://blueberry-garden.jp/

(2022年8月16日iJAMP配信)

同一カテゴリー記事