2022/令和4年
105日 (

自治体便り 地方公営企業を担う経営人材育成セミナー=福島県 2022/08/18 15:59

 福島県企業局は、全国ベスト5に入る給水能力の規模を持つ工業用水道事業により、県の産業インフラの一翼を担っている。

 近年は、施設の老朽化による大規模更新時期を迎えていることに加え、頻発する台風や地震による自然災害への対応、更には物価高騰等により経営をとりまく環境に不確実性が高まっている。
こうした中、昨年11月には『経営戦略』を策定し、中期的な視点も踏まえ、事業の効率的な執行と経営改善により、安定供給に取り組んでいる。

 この度、『経営戦略』に基づく計画管理と専門技術の継承や経営人材育成の強化を目的とし、総務省の「地方公共団体の経営・財務マネジメント強化事業」を活用し、全4回シリーズのセミナーを開催する。
講師には、経済産業省「産業構造審議会工業用水道政策小委員会」委員長を務める石井晴夫氏(東洋大学大学院経営学研究科客員教授・名誉教授)を迎え、令和4年8月25日に開催する。

 第1回目は、県、県内市町村・団体職員を参加対象とし、『水道事業・下水道事業・工業用水道事業における経営の現状と課題』をテーマに、広域的な視点や市町村との連携による課題解決も目指していく。参加費は無料。

 内容は2部構成とし、第1部は一般向けセミナー、第2部は福島県企業局職員と経営課題についてゼミ形式で議論し、経営強化に向けた課題解決と経営人材育成を図っていく。

 詳しくは、県ホームページから
 https://www.pref.fukushima.lg.jp/sec/60015a/koueikigyoujinzaiikusei.html

(2022年8月18日iJAMP配信)

同一カテゴリー記事