2022/令和4年
105日 (

自治体便り 市民参加型SDGsワークショップ「種をまこう!さんだの未来とSDGs」を開催=兵庫県三田市 2022/08/29 13:34

ワークショップの様子
参加した高校生による「わたしのSDGs宣言」

 兵庫県三田(さんだ)市は、今年4月に『「ひと」×「まち」×「さと」が織りなす未来都市 三田』を目標に据えた第5次総合計画を策定し、「共生」「再生」「共創」の理念で進めるまちづくりをSDGsと一体的に推進しています。

 まち全体でSDGsに取り組む機運を高めるため「わたしのSDGs宣言キャンペーン」を実施中です。このキャンペーンは、日々の生活の中にあるSDGsに目を向け、一人一人がSDGsを意識した自ら実践したい取り組みを宣言し、そして実践した状況を市民の皆さんをはじめ広く共有することでSDGsに取り組む人を増やし、まちづくりの裾野を広げることを狙いとしています。

 キャンペーンの一環として、『「ひと」×「まち」×「さと」が織りなす未来都市 三田』の実現につながるSDGsの取り組みや、身近なSDGsについて考える、市民参加型SDGsワークショップ「種をまこう!さんだの未来とSDGs」を8月20日に開催しました。

 三田青年会議所のメンバーや市内のキャンパスに通う大学生を中心に、高校生から80代まで幅広い世代の参加者が、身近なテーマとSDGsの関連、三田のまちづくりとSDGsの関連について意見交換し、それぞれが今日から始めるSDGsの取り組みを宣言しました。今回の宣言の取り組み状況は11月に集約し、みんなの頑張りを見える化し、更なる取り組みへと広げていきます。

(2022年8月29日iJAMP配信)

同一カテゴリー記事