2022/令和4年
1210日 (

コラム 【ナッジ入門編10】実践7:バイアスを考える 2022/10/04 17:00

岡山県真庭市産業観光部農業振興課 藤田浩史

真庭市産業観光部農業振興課 藤田浩史氏

 行政現場でナッジを活用したケースを、各地の自治体のリレー方式で紹介しています。今回は、岡山県真庭市の環境関連の試みです。ナッジの普及を目指す特定非営利活動法人PolicyGarageが執筆を依頼しました。

 真庭市は職員有志でナッジを学び、情報交換をしています。今回は、環境課で取り組んだナッジの事例を紹介します。

 どれも予算をあまりかけないように、P O P(Point of Purchase、もともと「購買意欲の後押し」という意味)の張り紙のメッセージやデザイン、印刷は手作りで基本的には消耗品以外の経費はかかっていません。

 意識したのは▽対象とする相手のバイアスをよく考えてメッセージを選ぶ▽ピクトグラムを使いイメージを分かりやすく伝える――ことなどです。

◇事例1=プラごみを資源ごみ分別!(2020年4月〜)

事例1:P O P

 対象:市役所職員

 場所:市役所内の休憩室 約10カ所

 目的:ごみの分別を徹底したい。コンビニのプラスチックごみを「燃えるごみ」ではなく「資源ごみ」に分別してもらう。

 手法:休憩室内にP O Pを掲示

 結果:分別する人が増えた。現在も継続中。

 考察:昼食にコンビニエンスストアや出前のお弁当を取る職員が結構います。容器は使い捨てプラスチックが多く、食べ終わった後にそのまま燃えるごみに捨てる人が多くいました。そこで、ごみを分けることは単なる道徳心ではなく、燃料に再生されることを具体的に伝える内容にしました。掲示後はかなりの割合で水洗いしてプラごみへ入れてくれています。公務員のバイアスには同調効果がよく働くと感じています。

◇事例2=ストロー本当に必要ですか?(2020年8月〜)

事例2:P O P

 対象:カフェのお客様

 場所:市内のカフェ1店舗(市からナッジを提案し実践してもらいました)

 目的:使い捨てストローの使用を少なくしたい。

 手法:注文窓口にP O Pを掲示 

 結果:ストローの使用を約9割削減、現在も継続中。

 考察:環境問題に関心の高いカフェにナッジを使ったストロー削減策を提案し実践してもらいました。ドリンクを注文する窓口にP O Pを掲示、デフォルトでストロー無しとしています。ストローが必要と言われるお客様は約1割、ストローを使う方はほとんどいないそうです。ストロー削減は資源の節約とコスト削減にもつながっています。

◇事例3=生ごみも資源です!(2021年4月〜)

事例3:ステッカー1

 対象:市民

 場所:市内のごみステーション約300カ所

 目的:生ごみ分別を実践する人を増やしたい。

 手法:生ごみ収集バケツにステッカーを貼付(ステッカーの印刷だけ外注し経費が約20万円かかりました)

事例3:ステッカー2
事例3:ステッカー3

 結果:生ごみ出していないステーションの減(前年比約6%減)

 考察:市は生ごみを分別収集して液体肥料にする取り組みを始めています。ごみステーションに生ごみの専用収集バケツを置いています。分別しない人も多く、収集に行ってもバケツが空ということもありました。そこで、ナッジを使った10種類のメッセージ入りステッカーをバケツに貼りました。他の啓発はしていませんが、生ごみを出していないステーション数が前年比約6%減となりました。取り組んでいない人(地区)に取り組んでほしいという狙いでしたので効果はあったと考えています。

 ナッジについて「どうやったらよいか?」と聞かれることもあります。誰にでも100%効果のあるナッジはありません。そんな時、まずは対象となる相手のバイアスを想像してみることをお勧めしています。そしてそこからどういう手法、手段がよいかを考えていけばよいと思います。

 最近は、ナッジだけではなく、行動経済学、マーケティングなど多くの自治体で「仕事のやり方」を工夫されていると聞きます。いろいろな分野で相手(市民)のバイアスを意識して今までの事務を見直してみると効果が上がるだけではなく、時間や経費が削減できるかもしれません。(了)

◇藤田浩史(ふじた・ひろし)氏のプロフィル
1992年真庭市(旧北房町へ入庁)。環境課在籍時にナッジを活用したごみ減量施策を企画し実践。POPなどのデザインも自作する。2022年4月から、農業振興課農政企画室長。

PolicyGarageへのリンク
→ https://policygarage.or.jp

【ナッジ入門編】

同一カテゴリー記事

  • 【公務員の段取り力12】マネジメントは自らの手で 2022/12/02 11:00

     これまでさまざまな視点やケースを基に、公務員の仕事や日常の段取りについて述べてきました。今回で連載を一区切りにします。まとめとして私がお伝えしたいのは「自分の職業人生は自分でつくり、自分がマネジメントする」ということです。静岡県藤枝市人財育成センター長 山梨秀樹

  • 【地方議員の視点10】華やかで意義のある場 2022/11/22 11:00

     議会と言えば、議員が演台で発言するイメージを持つ方も多いと思います。地方議会はそれぞれでルールが異なりますが、議員はさまざまな機会に演台で発言しており、甲府市議会では、議員提出議案の説明や議案に対する討論、委員長報告などの際に登壇します。そして、議員が一番多く演台に立つのは、市政一般質問の時です。甲府市議会議員 神山玄太

  • 【いま公務の現場では10】公務員と政治の関係 2022/11/09 11:00

     この連載も10回目を迎えましたので、取りあえず一区切りにしようと思います。今回は、公務員と政治の関係がテーマです。…霞が関で実際に働いている立場から、思うところを記したいと思います。人事院事務総局企画法制課長 植村隆生

  • 【公務員の段取り力11】見せよう、そして語ろう 2022/10/28 11:00

     あなたはプロとして、自分の仕事を周囲にオープンにしていますか? 成果だけではなく途中経過も、仲間や上司、そして住民に随時報告し、あなたの仕事を「見せる」ことは重要です。静岡県藤枝市人財育成センター長 山梨秀樹

  • 【地方議員の視点9】普段は何やってるの? 2022/10/17 11:00

     「議員って、普段は何をしているの?」「私服だけど、きょうは休みなの?」「年内はいつまで仕事なの?」…。これらの言葉は、議員になって市民の皆さんから聞かれることが多い質問ベストスリーです。甲府市議会議員 神山玄太

  • 【ナッジ入門編10】実践7:バイアスを考える 2022/10/04 17:00

     行政現場でナッジを活用したケースを、各地の自治体のリレー方式で紹介しています。今回は、岡山県真庭市の環境関連の試みです。…真庭市は職員有志でナッジを学び、情報交換をしています。今回は、環境課で取り組んだナッジの事例を紹介します。真庭市産業観光部農業振興課 藤田浩史

  • 【地域のよさを伝える10】営業マインドを持って 2022/09/22 11:00

     本連載は10回目を迎えました。ここで一区切りにしたいと思います。次回から、シティプロモーション自治体等連絡協議会が実施した「全国シティプロモーション実態調査」を紹介します。…今回は記念すべき10回目なので、基本的な注意点に言及します。関東学院大学法学部准教授・社会構想大学院大学特任教授
    牧瀬 稔

  • 【いま公務の現場では9】人事院の報告の背景 2022/09/12 11:00

     国の内外を問わず社会が急速に変化し、行政が抱える課題は複雑化・高度化しています。その中で、政府が国民に質の高い行政サービスを提供するためには、公務組織が国民本位の能率的で活力のあるサステナブル(持続可能)な組織であり続けなければなりません。人事院事務総局企画法制課長 植村隆生

  • 【地方議員の視点8】価値観変えた名山指定 2022/09/01 11:00

     住民の価値観を変えることも、議会の役割の一つでしょう。議会で課題として取り上げ、議論を重ねる中でそれに対する新たな見方や捉え方を住民に提示し、新たな価値として受け止めてもらえば、生活を豊かにしていくきっかけになると考えます。甲府市議会議員 神山玄太

  • 【地域のよさを伝える9】セグメント化の意識を 2022/08/19 11:00

     実は、地方自治体のシティプロモーションの大半は「可もない不可もないプロモーション」です。担当者は「今は成果が出ていないが、あと数年頑張れば出るだろう」という思いで取り組みを続けます。これが「可もない不可もないプロモーション」です。…今回はシティプロモーションの重要な概念(用語)である「セグメント化」(セグメンテーション)を紹介します。 関東学院大学法学部准教授・社会構想大学院大学特任教授
    牧瀬 稔