2022/令和4年
105日 (

ふるさと写真館 【ふるさと写真館】特産品使ったおにぎりの試食会=静岡市 2022/09/05 10:00

桜エビやじゃこなどの市特産品を使ったおにぎり=2日午後、JR静岡駅北口地下

 静岡市は2日、JR静岡駅北口地下広場の市有施設「しずチカ」で、市内の5事業者が「オクシズ・しずまえ」と呼ばれる地域の食材を使って開発したおにぎり8種の試食コンテストを開催した。8日~10月10日の期間限定で、別の4事業者が考案したスイーツ5品と合わせて販売する。いずれも価格(税込み)は単品300円、お茶とのセット500円。

 オクシズは市北部の中山間地域「奥静岡」を、しずまえは市南部の海沿い地域「前浜」を指す。

 コンテストでは静岡県茶商工業協同組合の関係者や市民ら約25人が試食し、気に入った3種に投票。上位3位に用宗産じゃこの焼きおにぎりと、駿河湾で水揚げされた桜エビのおにぎり、タチウオのおにぎりが選ばれた。

 スイーツは、オクシズ産のレモンのクッキーや無農薬栽培の紅茶を使ったどら焼きなどを販売する。

 しずチカでは市政情報も発信しており、広報課の担当者は「市にいろいろな魅力があることを知ってもらうとともに、オクシズとしずまえの食材を使った『茶のお供』を楽しんでもらいたい」と話した。(了)

(2022年9月5日iJAMP配信)

同一カテゴリー記事