2022/令和4年
105日 (

ふるさと写真館 【ふるさと写真館】クラウド利用で農泊DXを実現=岩手・遠野 2022/09/15 10:51

稲刈り体験の風景(上)と農家民泊施設(遠野 山・里・暮らしネットワーク提供)

 岩手県遠野市でグリーン・ツーリズム事業を展開する認定NPO法人「遠野 山・里・暮らしネットワーク」は、ホテル・旅館向けIT支援会社パラダイムシフトが提供するクラウド型業務管理ツールを活用し、農家民泊(農泊)事業のデジタルトランスフォーメーション(DX)を進めることを決めた。

 同ネットワークは、遠野地域の民泊施設約20軒、農泊型教育旅行施設約100軒と提携し、利用者をあっせんする農泊協議会で、宿泊施設と地域内の飲食店、酒蔵を一体的に運営する「地域まるごとホテル」構想の実現に向けて準備を進めている。今回導入を決めたクラウド型業務管理ツールを利用することで、利用者は地域内の宿泊施設の予約、チェックインなどがパソコンやスマートフォンを通じて手軽にできるようになるほか、同ネットワーク側も残室情報の把握、客室清掃、領収書発行、会計などの宿泊関連業務を一括して行えるようになる。

 「地域まるごとホテル」構想では、イタリアに「アルベルゴ・ディフーゾ(『分散したホテル』の意)」という先行事例があり、同国のアルベルゴ・ディフーゾ・インターナショナル協会(ADI)が認証制度を設けている。同ネットワークでは、この認証の取得に向け、パラダイムシフト社とも協力し、宿泊だけでなく飲食や里山を楽しむアクティビティーを提供する仕組みを構築する方針だ。(了)

(2022年9月15日iJAMP配信)

同一カテゴリー記事