2022/令和4年
108日 (

ふるさと写真館 【ふるさと写真館】女武将「板額御前」、現代に伝える=新潟県胎内市 2022/09/20 10:28

朗読劇の中で激しく敵と戦う板額御前(左)=18日、新潟県胎内市

 鎌倉幕府の歴史書「吾妻鏡」にも記述が残る女武将「板額(はんがく)御前」の物語を伝え残すため、新潟県胎内市は18日、歴史イベント「板額の宴」を市内の歴史スポット江上館(えがみやかた)跡で開催。弓矢体験などのワークショップのほか、板額御前の生涯を描いた朗読劇や演武があり、見学者から拍手が湧いた。

 板額御前は平氏の流れをくむ一族に生まれ、源平の合戦で鎌倉幕府軍と戦った。吾妻鏡によると、板額御前は兵法に優れ、必殺の弓矢の名手として敵を苦しめた。生け捕りにされ、将軍源頼家の前に引き出されても全く臆することもなく、その姿を見初めた甲斐国の浅利与一に嫁いで幸せに暮らしたという。

 胎内市の中沢毅教育長は「板額御前は吾妻鏡の中でもかなりの紙面を使って紹介されている。浅利与一と出会って(巴御前、静御前の)三大御前の中では最も平穏で幸せな半生を送った」などと説明した。(了)

(2022年9月20日iJAMP配信)

同一カテゴリー記事