2022/令和4年
1210日 (

コラム 【公務員の段取り力11】見せよう、そして語ろう 2022/10/28 11:00

藤枝市人財育成センター長 山梨秀樹氏

静岡県藤枝市人財育成センター長 山梨秀樹

▽仕事はやるもの、見せるもの

 あなたはプロとして、自分の仕事を周囲にオープンにしていますか?

 成果だけではなく途中経過も、仲間や上司、そして住民に随時報告し、あなたの仕事を「見せる」ことは重要です。「何か一生懸命やっているようだが、今、何に取り組んでいるのか分からない」「忙しそうだが、彼は今、何をしているのだろう? 」…。そんな疑問を上司、幹部、そして住民が抱くようでは、あなたは十分に評価されていないことになります。

 それは、自身が取り組む行政の進捗(しんちょく)状況や変化を、周囲に明らかにしていないからです。黙々と作業をするだけでなく、進み具合を役所の内外に示す、つまり発信することが大事です。今していること、苦労している中身や進捗度合いなどを、随時、庁内にも地域にも伝えるのです。

 仕事の成果や結果を出すまで知らせるべきでないと考えるのは、大きな間違いです。公務員の説明責任として、自分の動きを明確にするように働くべきなのです。

 あなたの活動が周囲に理解され、その存在感が分かることが大切です。税を原資として働く我々は、役所の内外を問わず、自分の仕事を常に人々に知らせ、説明する義務があります。一定の成果や実績が出たらもちろんです。この社会的責務を果たすとともに、今、こんなことをバリバリ(または、コツコツ)やっていますという、公務の披露=仕事の段取り状況の表出(PR)を欠かさないことです。

 その動きと見せ方で、人々は行政の最新の姿を実感を持って知ることになり、行政の透明化にもつながるのです。

▽「天知る、地知る」はダメ!

 良い仕事をして、それを徹底的にPRする。より広く、多くの人々に知ってもらう。そこまで段取りをして、初めて「公務」です。個人経営などで、寡黙な職人肌の人なら「良い商品を作っていれば、黙っていてもいずれ売れるようになる」と言うかもしれません。

 しかし、超高度情報化社会の現代に、それはもう通用しないでしょう。どんなに優れた仕事でも、世間に知られなければ、この世に存在しないのと同じです。ですから徹底してPRし、あなたの動きが「知られる段取り」を怠りなく進めることです。

 精魂込めて練り上げ、あなたの思いが詰まった施策・事業も、その存在と有効性、意味と行政効果を真剣に社会に伝えなければ、誰も気付いてくれません。活用も評価もしてくれません。そればかりか、「最近、役所の仕事ぶりがよく分からない」「職員は一体何をやっているのか」「大して働いていないんじゃないか」とさえつぶやかれます。これは、懸命に業務を進めている職員にとって実に不本意であり、最悪の評価と言えます。

 今どき「地道に続けていれば、住民がそのうち理解してくれる」「いずれ天知る、地知る」などと、山奥の仙人のようなことを言っている公務員は失格でしょう。施策や事業の住民へのアピール、PR、プロモーションは、あなたの公務そのものです。

 施策・事業の中身とその価値を徹底して発信し、より多くの人に利用してもらう。人々に受け入れやすく、分かりやすい説明を繰り返し、常にアピールすることは、必須の行政活動です。それでこそ事業が住民に評価され、指摘も批判もしてもらえます。今日、伝える手段や媒体はより取り見取り。あらゆる広報手段を全力で使い、「わが仕事」を広く、多くの人々にさらけ出しましょう。

▽成果を一言で語れるか?

 自分の仕事を最も的確に見せ、説明することができるのはあなた自身です。年度の終わりに振り返った時、自分としてどんな価値ある仕事をしたかを、一言で語れるでしょうか。これは公務員の責務としてはもちろん、あなた自身の自己実現と自信、プライドにも関わることです。新しいことができたか、そうでなくても、改善や改革をし、昨年より少しでも良くなったか。自分の「行政作品」を一つでも作れたかどうかです。

 1年はあっという間に過ぎていきます。慌ただしい年度初めからいつの間にか1カ月がたち、5月の連休を過ぎたかと思えば、はや四半期。夏が来て半年が終わり、その後はさらにペースが早くなります。秋にはイベントなどの諸事業に追われ、次年度の方針と予算の立案で年末を迎えます。年が明ければ間もなく予算議会と人事異動の内示、そして年度末です。

 その間に、誰もが分かるよう一言で説明ができ、達成感を感じる仕事ができたか。それとも、ただ周囲や時間に流されて働き、漫然と過ごしたか。違いは大きいと思います。

 1年という期間は、意味のある成果や結果を出すには適当な長さではないでしょうか。取り組んでいたり、実現したりしたのであれば、小さなことでも堂々と語り、どんどん発信していきましょう。そして職場や住民の評価、指摘を受け、仕事の手応えを感じましょう。(了)

◇山梨秀樹(やまなし・ひでき)氏のプロフィル
1983年静岡県庁に入り、旧総理府(現内閣府)地方分権推進委員会事務局、静岡県総務部合併支援室、藤枝市行財政改革担当理事、同市副市長、静岡県理事(地方分権・大都市制度担当)などを経て、19年4月から藤枝市理事。同年6月に人財育成センター長に就任した。同県内を中心に、公務員の「言葉力」をテーマにした研修・講演の講師を務めている。

【公務員の段取り力】

同一カテゴリー記事

  • 【公務員の段取り力12】マネジメントは自らの手で 2022/12/02 11:00

     これまでさまざまな視点やケースを基に、公務員の仕事や日常の段取りについて述べてきました。今回で連載を一区切りにします。まとめとして私がお伝えしたいのは「自分の職業人生は自分でつくり、自分がマネジメントする」ということです。静岡県藤枝市人財育成センター長 山梨秀樹

  • 【地方議員の視点10】華やかで意義のある場 2022/11/22 11:00

     議会と言えば、議員が演台で発言するイメージを持つ方も多いと思います。地方議会はそれぞれでルールが異なりますが、議員はさまざまな機会に演台で発言しており、甲府市議会では、議員提出議案の説明や議案に対する討論、委員長報告などの際に登壇します。そして、議員が一番多く演台に立つのは、市政一般質問の時です。甲府市議会議員 神山玄太

  • 【いま公務の現場では10】公務員と政治の関係 2022/11/09 11:00

     この連載も10回目を迎えましたので、取りあえず一区切りにしようと思います。今回は、公務員と政治の関係がテーマです。…霞が関で実際に働いている立場から、思うところを記したいと思います。人事院事務総局企画法制課長 植村隆生

  • 【公務員の段取り力11】見せよう、そして語ろう 2022/10/28 11:00

     あなたはプロとして、自分の仕事を周囲にオープンにしていますか? 成果だけではなく途中経過も、仲間や上司、そして住民に随時報告し、あなたの仕事を「見せる」ことは重要です。静岡県藤枝市人財育成センター長 山梨秀樹

  • 【地方議員の視点9】普段は何やってるの? 2022/10/17 11:00

     「議員って、普段は何をしているの?」「私服だけど、きょうは休みなの?」「年内はいつまで仕事なの?」…。これらの言葉は、議員になって市民の皆さんから聞かれることが多い質問ベストスリーです。甲府市議会議員 神山玄太

  • 【ナッジ入門編10】実践7:バイアスを考える 2022/10/04 17:00

     行政現場でナッジを活用したケースを、各地の自治体のリレー方式で紹介しています。今回は、岡山県真庭市の環境関連の試みです。…真庭市は職員有志でナッジを学び、情報交換をしています。今回は、環境課で取り組んだナッジの事例を紹介します。真庭市産業観光部農業振興課 藤田浩史

  • 【地域のよさを伝える10】営業マインドを持って 2022/09/22 11:00

     本連載は10回目を迎えました。ここで一区切りにしたいと思います。次回から、シティプロモーション自治体等連絡協議会が実施した「全国シティプロモーション実態調査」を紹介します。…今回は記念すべき10回目なので、基本的な注意点に言及します。関東学院大学法学部准教授・社会構想大学院大学特任教授
    牧瀬 稔

  • 【いま公務の現場では9】人事院の報告の背景 2022/09/12 11:00

     国の内外を問わず社会が急速に変化し、行政が抱える課題は複雑化・高度化しています。その中で、政府が国民に質の高い行政サービスを提供するためには、公務組織が国民本位の能率的で活力のあるサステナブル(持続可能)な組織であり続けなければなりません。人事院事務総局企画法制課長 植村隆生

  • 【地方議員の視点8】価値観変えた名山指定 2022/09/01 11:00

     住民の価値観を変えることも、議会の役割の一つでしょう。議会で課題として取り上げ、議論を重ねる中でそれに対する新たな見方や捉え方を住民に提示し、新たな価値として受け止めてもらえば、生活を豊かにしていくきっかけになると考えます。甲府市議会議員 神山玄太

  • 【地域のよさを伝える9】セグメント化の意識を 2022/08/19 11:00

     実は、地方自治体のシティプロモーションの大半は「可もない不可もないプロモーション」です。担当者は「今は成果が出ていないが、あと数年頑張れば出るだろう」という思いで取り組みを続けます。これが「可もない不可もないプロモーション」です。…今回はシティプロモーションの重要な概念(用語)である「セグメント化」(セグメンテーション)を紹介します。 関東学院大学法学部准教授・社会構想大学院大学特任教授
    牧瀬 稔