2022/令和4年
1127日 (

自治体便り 神奈川県内で初めて、多子世帯を対象とした給付金を支給=神奈川県平塚市 2022/10/27 16:05

事業概要

 県内で初めて、多子世帯を対象とした給付金を支給します。国の「電気・ガス・食料品等価格高騰重点支援地方交付金」を活用し、「生活者支援」のメニューに対応する事業として実施します。

 専決処分による予算措置です。

 具体的には、所得制限を設けず多子(3人以上の児童(※))を養育している世帯に対して、3人目以降の児童1人当たり一律5万円を給付するものです。

※平成16年4月2日以降に生まれた(令和4年度中に18歳に達する日以後の最初の3月31日までの間にある)児童支給対象者数
児童数 3,500人(見込み)
<参考>支給見込み世帯数 2,896世帯(見込み)

補正予算額
 ①多子世帯生活支援特別給付金給付事業
  事務費 7,029千円
  事業費 175,000千円
 ②職員給与費 990千円

主な財源
 新型コロナウイルス感染症対応地方創生臨時交付金(電気・ガス・食料品等価格高騰重点支援地方交付金)

給付開始時期(予定)
令和5年1月前半

(2022年10月27日iJAMP配信)

同一カテゴリー記事