2023/令和5年
131日 (

コラム 【公務員の段取り力12】マネジメントは自らの手で 2022/12/02 11:00

藤枝市人財育成センター長 山梨秀樹氏

静岡県藤枝市人財育成センター長 山梨秀樹

 これまでさまざまな視点やケースを基に、公務員の仕事や日常の段取りについて述べてきました。今回で連載を一区切りにします。まとめとして私がお伝えしたいのは「自分の職業人生は自分でつくり、自分がマネジメントする」ということです。

▽したいことを見失わない

 いつも上司の顔をうかがったり周囲の空気を読んだりして仕事をしていると、やがて「自分」というものが消えうせてしまいます。「誰かに言われてやる」受け身だけの職場生活では、仕事に潤いも励みもなくなります。

 担当職務をきちんと学んだら、時には自分の考えを周囲や上司に主張してみましょう。どんな思いも言葉にしなければ、相手の胸に届きません。届いて響かなければ、あなたの業務改善も施策・事業も形になりません。自分が真にしたいことは自分から主張し、自ら仕事を設計していくのです。それが公務「担当者」の姿だと思います。

 自分の頭で熟慮した施策で幾つか実績が出て、将来、地方の逸材として「地域のことは私にお任せください!」と言える。そんな仕事の達人になれたらいいですね。

 思い出してみましょう。役所に入庁したばかりの頃の自分の目標や理想、またその後の職務経験の積み重ねから「これをしてみたい」「あれに取り組みたい」という思いは、必ず誰にでもあるはずです。それを見失わず、素直に実現させようではありませんか。

 あなたが将来、職業人生を振り返った時、地域のために役立ったと胸を張って言える仕事を、幾つ仕上げることができたか。これが自分への行政評価そのものだと思います。

▽置かれた場所で学ぶ

 公務員は行政のさまざまな分野、職場を経験します。その職務範囲は他の業種と比べて桁違いに広く、極めて多くの選択肢があります。思いがけず全く希望していなかった部署に配属されても、そこには、あなたが見たことも、想像したこともない世界が広がっています。

 まずは置かれた場所で学び、励んでみてはいかがでしょう。膨大な知識と情報が得られ、大きな発見もあるはずです。これもキャリアづくりの段取りであり、そこでの取り組みや実績が、他の部署に異動しても仕事の手掛かりやベースになります。公共の仕事には幅広い住民奉仕や政策バランスなど、全体に通底する感覚や概念があり、それを実務で幅広く知ることで、地方行政への理解と見識が深まります。

▽好きになったら諦めない

 ですからどんな異動でも、ネガティブに捉えないことです。役所の広大なフィールドを通じて、仕事はもちろん、社会と国、地域を知り、その全体像を眺め、多くの事案と解決例を習得するのです。その過程で、自分が全く気付かなかった自身の才能を覚知することもあります。すると次第に自分が「やりたい」、いや「ぜひやるべきだ」というあなた自身の「公務の道」が見えてきます。

 行政という大波に投げ込まれながら仕事の核心を見つけ、自らの公務員人生を設計し、実行する。いわば「被投的な企投」であなた自身のキャリアを培い、職業人生をつくり上げていくのです。

 そして、好きになった分野の道は諦めない。自分が「これをしたい」と意識したら、その思いを持ち続けることです。それを職場で手掛けるチャンスは必ずやってきます。

▽職員に寄り添う組織に

 自分の頭で仕事の設計ができ、自らが目指す公務員人生の目標を設けられれば、やりがいと生きがいは数倍に増します。ただ、その実現は本人の努力だけでは難しい。組織がシステムとして温かく寄り添い、支援することで、より着実に実現するのです。組織は、できるだけ多くの職員がこうした自己実現に向かうよう、一人一人を総力で丁寧に支えるべきです。

 自治体の経営改革の中心は、職員各自がプロとしての生涯目標を決めて成果を出し、自信を深めて士気を上げ、熱い気概で公務員人生を築けるような組織をつくることです。職員が仕事を常に見直し、自ら改革して具体的に取り組む姿勢と活動を、職場、組織がシステムとして支える。各自がどんなキャリアを積みたいかを職場が共有し、組織がその進捗(しんちょく)を長期的に支援する。藤枝市は長くこの取り組みを精力的に進めています。

 組織や職場が自分の成長を支えてくれているという実感と信頼感が湧くと、職員は理想の公務員像を自ら描き、それに向かって明るく仕事に励むようになります。市民サービスの質も中身も、おのずと向上します。自治体経営は、まさに総力戦です。職員皆が参画し、各自で取り組む成長への段取りと実践こそ、厳しい時代に強靭(きょうじん)な組織と熱い心で輝く自治体づくりのカギだと私は思います。

 あなたもあなたの組織も、理想に向かって熱い段取りを進めましょう!(了)

◇山梨秀樹(やまなし・ひでき)氏のプロフィル
1983年静岡県庁に入り、旧総理府(現内閣府)地方分権推進委員会事務局、静岡県総務部合併支援室、藤枝市行財政改革担当理事、同市副市長、静岡県理事(地方分権・大都市制度担当)などを経て、19年4月から藤枝市理事。同年6月に人財育成センター長に就任した。同県内を中心に、公務員の「言葉力」をテーマにした研修・講演の講師を務めている。

【公務員の段取り力】

同一カテゴリー記事

  • 【新連載】【職場が輝く知恵とワザ1】自分で職場を経営しよう 2023/01/20 11:00

     「いよいよ私も『長』のつくポストに」「とうとう自分も管理職」…。知識と技量を生かして活躍する主査・主任や、部下の指導と現場の対応に多忙な主幹・係長の方々には、期待とともにさまざまな不安があると思います。仕事でも人間関係でも、気になったり心配だったりする気持ちを拭い去るため、今からやっておくべきことは何でしょうか。現場リーダーや管理職として配慮すべき点もあります。日々の心構えや、どんな働き方、過ごし方をすればいいのかも知りたいでしょう。静岡県藤枝市人財育成センター長 山梨秀樹

  • 【新連載】【変わり始めた公務組織1】テーマをピックアップ 2023/01/10 11:00

     新連載「変わり始めた公務組織」を執筆する人事院の植村隆生です。若い公務員や就職先に国や自治体を考えている学生の皆さんを主な対象に、キャリアプランを考える際の参考になる情報を提供したいと思います。人事院事務総局企画法制課長 植村隆生

  • 【新連載】【シティプロモーション再考1】自治体実態調査のプロローグ 2022/12/23 11:00

     本連載のテーマは、地方自治体が展開するシティプロモーションの実態の考察です。素材は、全国の自治体を対象にしたアンケート調査です。その回答に加え、私が実施したヒアリングを基に一定の見解を示します。関東学院大学法学部准教授・社会構想大学院大学特任教授
    牧瀬 稔

  • 【ナッジ入門編11】連載から顧みる基本と実践 2022/12/13 11:00

     本コラム「ナッジ入門編」で、これまで10回にわたってナッジの基礎知識や行政現場での活用事例を紹介してきました。今回は、これまでの内容を振り返り、入門編の総括とします。この連載は、行政現場へのナッジ普及を目指す特定非営利活動法人PolicyGarageが執筆・依頼しています。PolicyGarage事務局/慶応大学看護医療学部特任助教 赤塚永貴

  • 【公務員の段取り力12】マネジメントは自らの手で 2022/12/02 11:00

     これまでさまざまな視点やケースを基に、公務員の仕事や日常の段取りについて述べてきました。今回で連載を一区切りにします。まとめとして私がお伝えしたいのは「自分の職業人生は自分でつくり、自分がマネジメントする」ということです。静岡県藤枝市人財育成センター長 山梨秀樹

  • 【地方議員の視点10】華やかで意義のある場 2022/11/22 11:00

     議会と言えば、議員が演台で発言するイメージを持つ方も多いと思います。地方議会はそれぞれでルールが異なりますが、議員はさまざまな機会に演台で発言しており、甲府市議会では、議員提出議案の説明や議案に対する討論、委員長報告などの際に登壇します。そして、議員が一番多く演台に立つのは、市政一般質問の時です。甲府市議会議員 神山玄太

  • 【いま公務の現場では10】公務員と政治の関係 2022/11/09 11:00

     この連載も10回目を迎えましたので、取りあえず一区切りにしようと思います。今回は、公務員と政治の関係がテーマです。…霞が関で実際に働いている立場から、思うところを記したいと思います。人事院事務総局企画法制課長 植村隆生

  • 【公務員の段取り力11】見せよう、そして語ろう 2022/10/28 11:00

     あなたはプロとして、自分の仕事を周囲にオープンにしていますか? 成果だけではなく途中経過も、仲間や上司、そして住民に随時報告し、あなたの仕事を「見せる」ことは重要です。静岡県藤枝市人財育成センター長 山梨秀樹

  • 【地方議員の視点9】普段は何やってるの? 2022/10/17 11:00

     「議員って、普段は何をしているの?」「私服だけど、きょうは休みなの?」「年内はいつまで仕事なの?」…。これらの言葉は、議員になって市民の皆さんから聞かれることが多い質問ベストスリーです。甲府市議会議員 神山玄太

  • 【ナッジ入門編10】実践7:バイアスを考える 2022/10/04 17:00

     行政現場でナッジを活用したケースを、各地の自治体のリレー方式で紹介しています。今回は、岡山県真庭市の環境関連の試みです。…真庭市は職員有志でナッジを学び、情報交換をしています。今回は、環境課で取り組んだナッジの事例を紹介します。真庭市産業観光部農業振興課 藤田浩史