2023/令和5年
131日 (

自治体便り 第5回三田(さんだ)ビール検定 合格者のつどいを開催しました=兵庫県三田市 2022/11/29 10:29

三田ビール検定公式テキスト

 日本人で初めてビール醸造実験を成功させたと伝わる幕末の蘭学者「川本幸民(かわもとこうみん)」は、兵庫県三田市で生まれました。オランダ語の「chemie」という言葉を意訳し、「化学」という術語をつくったのも幸民が最初です。幕末から明治維新にかけて、緒方洪庵や福沢諭吉らと親交を結び、卓越した西洋知識は広く世間に知られ、「日本近代化学の祖」と称されています。

 幸民のふるさと三田市は、郷土が生んだ化学者の業績や進取の精神に敬意を表して、「三田ビール検定」を実施しています。ビールの歴史や醸造学を問われると同時に、三田の歴史・文化・風土、そして豊かな食にも出題範囲が及ぶユニークな検定です。

 11月3日(木・祝)に開催した第5回検定試験には20代から80代まで、京阪神のみならず北海道など遠隔地からの参加者を含めた125人が受検しました。11月20日(日)には合格者のつどいが開催され、初級64人、中級10人、上級15人、初段30人が合格しました。

森市長から賞状と記念品を授与される満点合格者

主催:三田市 
指導・監修:田辺眞人氏(園田学園女子大学名誉教授)
      谷口義子氏(神戸学院大学非常勤講師)
協力:キリンビール神戸工場

三田ビール検定公式テキスト
神戸・阪神エリアの主な書店で販売中
内容 A5判(72ページ)フルカラー、定価550円(税込み)

(2022年11月29日iJAMP配信)

同一カテゴリー記事