2023/令和5年
131日 (

自治体便り 安全運転管理サポートシステムで公用車管理の手間を軽減!大子町の導入事例を公開=株式会社DNPアイディーシステム 2022/11/30 09:00

 安全運転管理サポートシステム(VD-3)は、運転免許証の確認やアルコールチェックの実施から記録をサポートし、管理者様の手間や負担を軽減する製品です。オプション品の重要物管理機をアプリケーションと連動させることにより、ドライバーに貸与する車両の鍵、ETCカード等の持ち出し管理も可能です。

 今回、取材にご協力いただいた茨城県大子町様は、公用車管理業務で感じていた課題解決を目的に公用車管理のシステム化を検討。
【課題①】
 アルコールチェックや鍵の貸出、運行記録簿管理(紙台帳)などにマンパワーと時間が割かれる。
【課題②】
 一部の公用車管理を各課に任せているため、安全運転管理者がその状況を把握するのが困難となっている。

 2022年6月から約1か月間本製品を試用、同年10月にはご導入いただいております。この度公開した導入事例には、試用いただいた感想やご導入の決め手となった機能などについてお伺いしました。「時間のかかる公用車管理をシステムで効率化したい」「同じような悩みを抱えている」職員様はぜひご一読ください。

■茨城県大子町の導入事例の詳細はこちら(PDFはP.22を参照)
 https://biz.mkt.global.dnp.co.jp/l/819623/2022-11-24/5ftd1b
※内容について、予告なく変更することがあります。本製品について、電話でのお問合わせをご希望する場合には、フリーダイヤル0120-033-343または、03-3350-4612までご連絡ください。

(2022年11月30日iJAMP配信)

同一カテゴリー記事