2023/令和5年
131日 (

自治体便り 出産・子育て応援ギフトを「スターライトマネー」でも交付=自治体独自のスマホアプリを活用した交付や、インセンティブの付与は県内初ー神奈川県平塚市 2022/12/13 15:11

 現在、全国の自治体が準備を進めている国の交付金を使った「出産・子育て応援ギフト」の交付に当たり、平塚市では、現金に加え市内の商店等で使える「ひらつか☆スターライトマネー」を選択できるよう、12月補正予算を計上しました。
 「ひらつか☆スターライトマネー」を選んだ方へ、インセンティブとして5%分を上乗せして交付します。利用者にとって銀行口座登録などの手続きや振り込みまでの時間が省け、面談時にその場で交付が可能になります。
 自治体独自のスマホアプリを活用した交付や、インセンティブの付与は県内初となります。

「ひらつか☆スターライトマネー」
 キャッシュレス化の推進や地域経済活性化のために平塚市が独自アプリにより実施している産業振興施策。市内約1,000店舗で利用が出来、利用額の3%が翌月に還元されます。

事業概要
 妊婦や特に0歳から2歳の低年齢期の子育て家庭に寄り添い、出産・育児等の見通しを立てるための面談や継続的な情報発信等を行うことを通じて、必要な支援につなぐ伴走型相談支援の充実を図るとともに、妊娠・出産時の関連用品の購入費など経済的支援を一体的に実施します。
 平塚市では子育て世代包括支援センター「ひらつかネウボラルームはぐくみ」で、妊娠届出時と妊娠8カ月頃、さらに出産後の計3回、保健師や助産師などの専門職員との面談を実施しています。妊娠届出時の面談、出産後の面談(面談時に振り込みの手続きをします)でそれぞれ5万円を現金または「ひらつか☆スターライトマネー」で交付します。
 
支給対象者等
令和4年4月1日以降に出産した方および妊娠届を出された方
約2,400人
       
支給方法
・平塚市では「ひらつか☆スターライトマネー」または「現金」の選択制。支給方法は自治体による創意工夫で、クーポン、電子マネー、現金でも可とされています。
・スターライトマネーを選択した場合、5%分のインセンティブを上乗せして付与します。
例)50,000円のチャージ時に額面の5%を上乗せし、52,500円分のマネーを付与
・キャッシュレス化推進事業の継続に当たり、スターライトマネーの利用に対する還元率3%を継続

事業費(令和4年度分)
出産・子育て応援金
 事業費(交付金) 184,628千円
 事務費(人件費、需用費、役務費、委託料、備品購入費) 2,816千円
スターライトマネー
 事務費(委託料) 4,518千円

主な財源
出産・子育て応援交付金(国2/3、県1/6、市1/6)
 システム構築の費用のみ財源は国10/10
子ども・子育て基金繰入金

交付場所 
子育て世代包括支援センター「ひらつかネウボラルームはぐくみ」
平塚市東豊田448-3(平塚市保健センター3階)
電話0463-55-2111

支給開始時期 
令和5年2月1日(予定)

(2022年12月13日iJAMP配信)

同一カテゴリー記事