2023/令和5年
128日 (

ふるさと写真館 【ふるさと写真館】地震で被災の漱石旧居が再開=熊本市 2023/02/10 10:09

旧居再開を記念し、バルーンを飛ばす園児ら=9日午前、熊本市

 夏目漱石が暮らし、2016年4月の熊本地震で被災した内坪井旧居(熊本市)が、漱石の誕生日に合わせた9日、一般公開を再開した。記念式典が開かれ、近くの園児らが色とりどりのバルーンを飛ばした。

 漱石は旧制第五高等学校(現熊本大)で教壇に立ち、約4年間熊本で生活。内坪井旧居は熊本で5番目の家に当たり、市の指定史跡となっている。熊本地震で外壁や内壁の剝落や建物がゆがむなどの被害を受けた。

 復旧工事は昨年3月に完了し、市は展示物の準備などを進めていた。再開に合わせ、市が所有する「道草」の直筆原稿を約1カ月間展示する。入館は当面の間無料。(了)

(2023年2月10日iJAMP配信)

同一カテゴリー記事